あっちの街

日曜日。

母親のクルマのバッテリー交換を済ませた。
母親に助かるわー、ありがとう、と
言われた。

こんな事でも人の役に立てるのなら、
生きてる意味もあるかな。

そのままクルマを借りて、
動物病院へ。

猫は以前、膀胱に結石が出来て、
手術⇒入院した。
それ以来、ご飯は療養食を
病院でもらうようになり、
2か月に1回、おしっこを病院に
持って行って検査してもらっている。

動物病院は以前に住んでた家の近くなので、
家を見ながら帰路につく。
家は以前とほとんど変わらない佇まい。

変わらない姿はそれはそれで切ない。
全く変わっていても悲しい。

その近くに以前から行きたいと思ってた
パン屋さんがある。

店内に入ると美味しそうなパンがたくさん。
適当に選んで購入。
店員さんの対応も気持ち良くて、
なかなかいい店だと思う。

もっと早く来ればよかった。
そう、妻と一緒に。

妻と一緒に感想を言い合いながら、
食べたかった。

あの世でもこの世のように街並みがあって、
妻も買い物したり、お茶したりしてるかな。

僕がパン食べてる時に、あっちでも
同じように笑顔でパン食べてると思いたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あっちの街

こんばんは。

あっちの街もあったらいいですね。
奥さんも美味しいパン食べてると思ったら
なんだか幸せな気分になりますね。

うちの息子も美味しいもの好きだから
私が美味しいもの食べる時は
一緒に食べようって心の中で声かけています。

なおさんへ

おはようございます。

以前は、自分だけ美味しいもの食べて
いいのかなと思っていましたが、
あっちにも街があって、
美味しいものもあるんだと
思うようになりました。

息子さんもあっちで
美味しいものを見つけて、
なおさんと一緒に食べている事でしょう。

あっちに行った時は美味しいお店を
案内してもらいましょう。

るい37さんへ

結石で手術ですか?それは可哀想でしたね。
出来やすい体質の猫ちゃんがいるみたいですね。
2度とならないとイイですね。

そうですね〜 
まったく変わっていたら悲しいでしょうけど、
変わっていないのも切ないですね!涙

来月は夫の七回忌です。
春って、花が咲いて気持ちが浮き立つ季節のはずですが、
花が咲くと、胸が締め付けられるように悲しくなります。
夫が最後に送ってくれた、家の前の鉢の花の写真も、
亡くなる前日に撮った数軒先の桜の花も、
毎年同じ頃に咲きます。 今年もそうかな?
家の鉢には、何故その花を植えたか覚えていませんが、
夫が亡くなってから調べたら、花の名前は「ハナニラ」
花言葉は「別れの悲しみ」…. まったくその通り。
最初の数年は、咲いたその花を見る度に涙が止まりません
でしたが、最近は泣かなくなった気がします。
これが時薬かもですね...

美味しいね、、、って奥さんに語りかけるように
食べていたら、見えないだけで、きっと側で一緒に
話しながら食べてくれているんじゃないでしょうか?!
そうだったらイイなと思います。

るい37さんへ

るい37さんはバッテリー交換まで
できるんですか?本当に凄い…
ご両親は、るい37さんのおかげで相当助かっていますね。

私も昔、実家で飼っていた猫が泌尿器の病気にかかり、
獣医から勧められたキャットフードに替えました。
その後、10年ぐらい元気に過ごしましたよ。
結局16歳8カ月で亡くなりましたが、
最期は老衰で、静かに眠るように逝きました。。
るい37さんの猫ちゃんも、食事を替えられたのなら
きっと長生きできますよ。

思い出が沢山詰まった場所は、変わっていても変わって
いなくても切ないですね。
結局、横に奥様がいないということが、どこに行っても
何を見ても切なくなる理由なんですよね…
あの世にも街並があればいいですね~私もそう思います。

先日、主人の誕生日でした。
パートが終わり、急いで買い物を済ませ、朝焼いておいた
ケーキにクリームとイチゴを乗せ、お肉を焼いてグラスで
乾杯。そして肉を口に入れた瞬間にガリッ…
驚いて見てみると、私の左側の奥歯の欠片でした。
真っ二つに割れているんです。
昔治療を受けて、被せていたセラミックです。

昨日歯医者に行って来ましたが、
先生曰く、奥歯がこんなに真っ二つに割れるのは珍しいとか…

何なんでしょうこれ…
主人が自死してから、歯を食いしばって生きてきて、
主人の誕生日でより一層力が入ったのか?
それとも何かの警告なのか?

やっぱり目に見えない何かが存在するのかな…


あめりこさんへ

どうやらうちの猫は石が出来やすい
体質みたいなので、
うまく付き合っていくしかないようです。

七回忌ですか、うちも10月に七回忌法要の予定です。
もう6年、まだ6年、様々な想いが去来しますね。

大切な人を亡くした当時と同じ空、気候、
それらが自らをいつまでも苦しめる気がします。
ご主人から鉢植えを送られたんですか?
ロマンチストで優しいご主人だったんですね。

それにしても、
その花言葉は切なすぎますね。
花が咲いていいのか悪いのか
良く分からなくなってしまいます。

何かにつけて、涙の量は確実に減りますよね。
以前は泣けて仕方が無かった事も、
身体と心が慣れてしまったのでしょうか?
やはり日にち薬は存在するようです。

美味しいもの食べる時は、
妻が食べようと言ってるから、
自分が食べたくなったのかなと思って、
その存在を意識しながら食べてます♪






のあさんへ

バッテリー交換は基本作業ですから、
こんなので喜ばれるのなら、
いくらでもやります。(笑)

猫飼った人は大抵が泌尿器系の
病気を経験するみたいですね。
特にオス猫は結石が出来やすいので、
のあさんを見習って、
とにかくやれる事はやってあげようと
思います。

どこに行っても、何を見ても、
横に伴侶がいるといないで、
感想がまるで違ってきます。

一緒の時間が楽しければ楽しいほど、
いなくなった時の悲しみが大きくなります。
ここは楽しい場所だったはずなのにな・・

全く変わらないもの(場所)は、
伴侶がいない事だけが強調され、
変わってしまったもの(場所)は、
時間の流れを感じ、伴侶との時間が
過去のものになってしまった事実を
思い知らされます。

ご主人の誕生日に奥歯が割れるなんて、
何かの暗示なのでしょうか。
確かに奥歯が二つに割れるのは珍しい気がします。

自死遺族の心身へのストレスはハンパないので、
思わぬところに大きな負担がかかっていると
思われます。

先日の妻の遺影の傾きじゃないですが、
ご主人が何か伝えたいのかもしれません。
目に見えない力は必ず存在すると思います。

私のようにならないように、
当面は、より一層気を配って生活するように
しましょう。

痛みはないですか?どうかお大事にして下さい。






No title

あちらでは、面倒見のいい息子が、
自分より年下の子の世話をしているんじゃないかと、
なんか、そんな気がしています。
きっと、良い世界なのだと、
そう信じています。

明音さんへ

あちらの世界は私利私欲もなく、
誰もが相手を思いやる優しい世界なのだと
思いたいです。

息子さんも生来の優しい性格で、
思いやりを皆に与えている事でしょう。
誰もが助け合う、そんな光景を想像します。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR