スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来る

先日、友達とランチ~カラオケに行って来た。

友達は妻が亡くなった事は知ってても、
自死は知らない。
以前に自宅に来た時は、
仏壇にお参りもしてくれた。

その後、現在に至るまで
妻の死因については一切聞いて来ない。
と言うか妻の話題には触れようともしない。

おそらく僕にかける言葉が無いから、
聞かないのだろう。

それはそれでありがたい。
だからこそ彼とは現在も以前と
変わらない付き合いが出来ている。

いろいろ聞いて来る人だと、
会うのも億劫になるだろう。

二人でランチして、
カラオケで思い切り叫んで来たら、
いい意味で疲労感が味わえた。

身体動かしたり、大声を出すのは
たまには必要なのだろう。
いい気分転換になっている。

誰かと会って、食事したり遊んだり、
こういう事が出来るようになったのは、
ここ1年くらい前からだろうか。

以前は誰とも会いたくなく、
外で食事なんてとんでもなかった。
カップルを見る事が恐ろしくて出来なかった。

それがいつの間にか出来る事のひとつに入っている。

自分でも気づかない内に変化してる、
違ってきているのか。

以前のままではもたないから、
自己防衛機能がそうさせているのかな?


妻がそうするように導いてくれていると思いたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時薬、日にち薬、少しはあるのかもしれないですね。
私も、最近は友達とランチして、そのあと講演会に行ったり、
カラオケに行ったり、先日は、友達のお誘いで、何人かで、
NGKへ、歌・ダンスのショーを観に行き、感動しました。
みんな自死遺族の友達ですが、みんなで楽しめたこと、
子供達の繋がり、ありがとうって、感謝しないとって、
思いました。 悲しい出会いですが、亡き子供達も、
きっと、私達のこういう場面を見て、ホッとしているのでは、ないか、
なんとなく、そんな気がしました。
愛する亡き人に安心してもらえるような生き方を、私達は、
していくべきなのかもしれませんね。

るい37さんへ

色々突っ込んで聞いてくる人は勘弁して欲しいですね。
男の人というか、私の夫の場合、女の私より友達と深く
付き合うのは苦手のようでしたが、るい37さんは
良いお友達が居てイイですね。
気の合う友達と過ごす事は、気を紛らわせてくれるし、
気分転換は大切です!

私の日本の親友2人は、私が夫と一緒に帰国した時は、
いつも一緒にどこかに行ったり、夫婦同士、
その子供とも仲良くしてました。夫の死因も知っていて、
会った時は必ず、夫の想い出話しが出ます。
想い出の中の人になってしまって、悲しいですが、
私だけじゃなく、友達の中にも良い想い出を残し、
夫が生きていた証があるような気もします。
1人は幼い頃にお母さんを自死で亡くしているので、
自死遺族の苦しみ、悲しみを他の人よりわかっていると
感じます。 もう1人も変な気を使って欲しくない、
私の気持ちを十分理解してくれているように思います。
こちらには、親友と思えるほどの友達はいないので、
寂しいですが、一緒に居て気が滅入らない程度の人と
たまに外食したりすると、気分転換になる気がしますね〜

明音さんへ

目に見えなくても、感じられなくても、
日にち薬はあるようです。

自死遺族同士の出会い、
悲しい繋がりですが、かけがえのない繋がりだと
思います。
避けたい話題もなく、過ごせますね。

私達の大切な人も、生きている人が
ごく普通に、苦しむ事なく、楽に
過ごしている姿を望んでいるのかもしれません。

そう思って自分を労わって生きていきたいですね。




あめりこさんへ

友達は配偶者と二人暮らしで、
配偶者を亡くした事もなければ、
もちろん自死遺族でも無いので、
どんな言葉をかければいいのか
分からないので、聞いて来ないのでしょう。

ホント、根掘り葉堀り聞いて来る人は
会いたくないですね。いったいどんな
感覚してるんだか神経を疑います。

想い出話しは未だに泣けてきそうに
なる時があって、なかなか難しいです。

でも、大切な人が生きた証を
自分が伝えて残していきたいので、
そういった想い出話しが出来る友達は
貴重だと思います。
大事にしたいですね。

自死を分かった上で想い出話しが出来るのは
羨ましいです。

自分が平穏な日々を送る事で、
あの世にいる大切な人を安心させたいものです。

No title

新しいパート先に勤めて10日目、
とうとうその日が来ました。

50代男性社員→「ずっと〇〇市に住んでるの?」
      私→「いいえ、違います。」
50代男性社員→「もしかして結婚してから?」
      私→「え~と………はい、そうです。」

その会話の後、
「ご主人は会社勤め?」だの
「~は凄く良い場所。今度ご主人と二人で行ったら?」だの
「結婚して何年?」「ご主人おいくつ?」だの、
聞かれたくない主人の話を延々としてきました。

たまらなくなった私は
「あの…実は去年死別しました。」と、
とうとう言ってしまいました。

すると、その後も
「え?癌か何か?」「以前から持病があったの?」
「心筋梗塞?心不全?太ってたの?」
「食生活が悪かったんじゃない?」
「健康診断、ちゃんと受けてたの?」
等、質問攻めにされました。

若い従業員の方が多くて、
私生活を聞いてこないので気に入っていた職場でしたが…
やはりいるんですよね、こういうオジサンが(-.-)

もしかしたら、もうすぐ会社中に
「あの人、未亡人なんだって。」
「去年、ご主人亡くされたみたい。」などと、
噂話が広がるのでしょうか。

るい37さん、お友達は素敵な方ですね。
ちゃんと空気を読んで、るい37さんが
触れられたくない話題をしてこない。
こんな方ばかりだと、私達自死遺族も生きやすいのに。

今日もこれからパートです。
気が重いなぁ(苦笑)

のあさんへ

お疲れ様です。(本当に)

その男性、近寄りたくないタイプの典型ですね。
普通は「死別した」と聞いたら、
慌てて、ゴメン、とか言って話題変えそうなものですが。

未亡人とか男ヤモメとかと聞くと、
要らないお節介をしてくる人もいるから、
話したくないのに。

のあさん、真面目で優しいから、
そんなウザい男性にもちゃんと答えてしまうんでしょう。
忙しいからと適当にあしらうのがベターだと思います。
とは言え、まだ職場に入って間もないのでそれも難しいですね。

嘘でもいいから泣いてみせるとか・・
いや、でも今だとご主人を思って
本当に涙が止まらなくなってしまうかな。(汗)

仕事以外の話題には極力反応しないのが
得策と思います。

とにかく仕事に集中して、時間を忘れましょう。
穏やかに日々を過ごせますように。

出来た

こんばんは
私は、少しお洒落をしようという気持ちになりました。

息子はお洒落をした私をよく褒めてくれていました。

幼稚園の頃や低学年の参観日の時は
「ママが一番可愛い」って言ってくれたので

少し小奇麗にしようと思えるようになりました。

仕事で疲れて帰って来る主人も
汚い嫁が泣いてるより
綺麗にしてる嫁が泣いている方が
同じ泣いていても見ていていいかな?なんて
思ったりしました。

なおさんへ

こんばんは。

綺麗、オシャレは女性の特権ですから、
自分が思うままに楽しみましょう。

少しずつでも自分に変化を与え、
苦しさを軽減出来るようになると思います。

息子さんが、なおさんに
オシャレして欲しいから、そうさせているかもしれませんね。


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。