分かっているけど

実家に引っ越して4ヶ月超。

当初は生活習慣とか家具とか部屋とかに
違和感が多くて戸惑ったり、
両親のケンカに嫌気が差したり、
妙なストレスを抱えていた。

今はそれなりに慣れて来たのか、
上記のストレスはほとんど無いような気がする。

伴侶を自死で亡くすと言う、
これ以上ないような大きすぎる変化を
受け止めて生きているから、
ちょっとやそっとの変化では
動じないようになったのかな。

そういう意味では強くなったのかもしれないけど、
配偶者や家族に関する話題にはまだまだ
過敏になっていて、体調に支障をきたす事もある。

強いんだか弱いんだか。

今は帰宅すれば、家族がいる。
話相手もいる。

だけど、
だけど、

妻がいるのとではまるで違う。
家族とは言っても、両親と
伴侶では比較のしようが無い。

この先、両親は順番に旅立つのが普通。
必然的に僕は一人になる。

それを考えるとまたマイナス思考に陥る。


ああ、他の自死遺族の方に、
未来は考えるな、今出来る事だけしましょうと
言ってるくせに自分だって考えてるじゃないか。

分かってけるど、十分分かってるけど、

どうしても考えてしまう時がある。


早く解放されたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

るい37さんへ

そうですね、家族は家族でも、
伴侶と両親では全く違いますね。
でも、お元気なご両親とるい37さんとの
親子生活も永遠に続くものではありません。
わかっていると思いますが、
今の親子生活も大切にして下さいね。
たとえご両親でも、ご家族が居るなんて、
私からしたら、羨ましいですよ〜
私はそれほど仲良し親子ではありませんでしたが、
離れた方が思いやりの心が出たようで、
アメリカからもよく電話で、母に相談や愚痴や
思い立った時に電話をして、好き勝手に、時には
強制的に私の話しを聞いて〜って感じで。
あッ、夫にも同じように好き勝手に話せました。
友達じゃ、いくら親しくても、こんな時間に電話しちゃ
悪いな〜とか、第一、そんな愚痴をイチイチ国際電話で
するのもいかがなものか?と思うので出来ません。
夫や母のように、好き勝手に何でも話せる相手が居ないって、
本当に悲しいです(T_T)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめましてさんへ

痛みや悲しみを経験して、何とか楽になりたいと
思う内に、分かち合いを選択するようになります。

自分が弱っているから、苦しんでいる人にも
優しく出来る、励ます事が出来る。

心はかなり擦り減っていますが、
分かち合いをする事で、修復が出来ている気がします。

生きる喜びを誰もが見つけられますように
願ってやみません。

あめりこさんへ

ずっと続くと思っていた、妻との結婚生活も
予想もしない形で短く終わってしまったので、
両親との生活も、明日終わるかもしれないと
常に思い、大切にしているつもりです。

いろんな所へ一緒に行ったり、
出来るだけ親孝行?してるつもりです。

妻ほどではないにしろ、
言いたい事がある程度言える相手と
暮らしてるのは、恵まれていると思わなければいけませんね。

友達相手だと、どうしても気を遣いますね。
ましてや既婚者だったりすると余計です。

愚痴があれば私で良ければいつでも聞きますよ。(笑)
自死遺族の痛みが分かる人にしか話せない愚痴もありますね。

はじめましてさんへ

亡き人に向けてのメッセージを
送る時は涙なしでは成し得ませんね。

もう、大切な人は生きる事は出来ませんが、
想いは必ず届いています。
その想いで、あの世での安寧を
保てるのではないでしょうか。

祈りを捧げた分だけ、
再会した時の感動も大きく、
強くなると思います。

No title

うちの両親は何年も前に
四国に引越しましたので、
主人が亡くなった現在、
私は一人ぼっちの感覚です。

例えば風邪をひいて寝込んでも
看病してくれる人は誰もいないし、
家で突然死したとしても、
発見されるまでに一週間はかかりそうです。
(近くに住む姑が一週間に一度ぐらい訪ねて来ますので。)

私は多分、この先もずっと一人です。
先日、夜中にお腹が痛くなって焦りました。
立っていられなくて救急車を呼ぼうと一瞬考えましたが
暫く横になっていたら治まりました。

こういう時に一人だと不便ですね。
「救急車で運ばれる時に鍵をかけないと。」
「犬はどうしよう。」
色んなことが頭に浮かびました。
入院するにしても、着替えやタオルや洗面用具一式、
化粧品も自分で用意しないといけませんから。

るい37さん、未来のことはやっぱり考えてしまいますよね。
家族や配偶者の話題にも敏感に反応し、
落ち込んだり傷ついたりもしますよね。
子供もいないし、年をとって周囲に迷惑をかけないうちに
早く伴侶の元へ行きたいものです。

のあさんへ

のあさん、今は体調は大丈夫ですか?

また少しでも異常を感じたら、
早目に医療機関にかかって下さい。
処置が遅れて長引く事になると、
つらいですから。

出来る限り、自分の事は自分で出来る生活を
送り、体調を崩したらすぐに逝きたいものです。

私も両親を送ったら死ぬまで一人だと思います。
それまで両親と一緒に暮らせるだけでも
幸せなのかもしれません。

救急車で運ばれる時に、戸締りとか財布とかは
リアルに考えますね。
入院となったら、ご両親がかけつけて
世話をしてくれますよ。

とは言え、いずれは自分で出来ない事が増えて
来るのは避けられないので、
そうなる前に迎えに来て欲しいですね。

長生きの為ではなく、生きている内は、
普通に動けるように、健康には気を配りたいものです。
のあさんの健康を祈ってます。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR