強くて冷静な人

職場で、部下(♀32歳)が目に涙を浮かべながら、
義弟(妹の夫)が交通事故で亡くなったから、
明日から休暇が欲しいと言って来た。

話を聞くと、
義弟はトラック運転手で、
住まいは沖縄。
亡くなったのは仙台らしい。

ついさっき、家族から連絡があったみたいで、
目を真っ赤にしている。

どうやら部下は義弟と小中学校が
同じで、今でも仲がいいらしい。

相当ショックを受けている様子。

とにかく落ち着かせようと、
今の状況、今しなきゃいけない事、
これからの段取り、必要な物、
それらを順を追って説明する。

部下は「こんな事が身近で起こるなんて
    信じられない。嘘よ、どうしてあの人が」

まあ、それはそうだろう。
誰だって自分の身内で起こるなんて予想もしていない。

部下の妹の気持ちは痛すぎるほとに分かる。
配偶者が何の準備もなく、こんなに早く突然いなくなる。
二度と会えない。

今は放心状態で、訳も分からず
手続き等に追われているだろう。
それが一段落すると、抑えようがない悲しみ、
苦しみ、喪失感が容赦なく襲って来る。

どうあっても不可避なイバラの道が待っている。


部下に今後の事を一通り説明した後、
部下に、

どうしてそんなに普通に
落ち着いて話せるのか、人一人が事故で痛ましい亡くなり方を
したのに、冷静過ぎる気がする。動揺が全くない、
驚いた様子も無い、
○○さん、強過ぎるね。
配偶者を亡くすとそんなに強くなるの?

と言われた。

部下は妻が自死した事は知らない。(亡くなった事は知ってる)


そう言われてもなぁ・・
人間なんていつどうやって死ぬか分からないし、
今は怖いものなんて無いし、護るべきものもないし、
冷静と言うよりは、無感動、無関心が正しいのだろう。

配偶者を亡くしたと言っても、
亡くし方が普通じゃないし。


交通事故死、確かに突然で、
認めるなんて出来ないだろうけど、

だけど、だけど、

普通に死因を話せる亡くなり方だから、
それが救いなんじゃない?

とは口が裂けても言えなかった・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じ気持ちです。
はっきりと本当の死因が言えない現実、
言ったところでわかってもらえるわけでもなく・・・
なんか寂しいですね。
悲しいですね。
私達自死遺族だけしか、気持ちはわかりません。
ですから、それ以外の人には言う必要がないと思っています。

ハートさんへ

死因を取りつくろう必要が無いから
羨ましい、なんて事を
言いそうになってとどまりました。

この気持ちは理解出来ないと
分かっているから、誰にも言えず、
引き籠りが加速していくのでしょう。

るい37さんへ

わかります。 冷静というより、
無感動、無関心...私もそうです。
自死遺族は必然的に強くなると思います。
私には失って怖いものなんか、もうないです。
身内やペットの死で嘆き悲しむ人を見れば、
経験者ですから気持ちはわかる。
愛猫の死ももちろん悲しい。
でもそれは夫の死とは比べものにならない。
悲しんでいる人には申し訳ないけど、
ペットとの別れが、人生最大の別れだなんて、
お幸せな人だと思う。
私なんか、夫の死によって、
その2ヶ月前に亡くなった母に対する悲しみも、
一瞬にして吹っ飛んだ。
それ位、夫の死は他の誰の死にも匹敵しない。

「強いね」と言われると、怒りの感情が湧く。
自分ならとても生きていけないような
不幸に見舞われたにもかかわらず、
平然と生きているように見えるから?
私が後追い自殺もせず、生きているから?
だから強いと言うの?

今の職場では同年代の日本人女性数人と一緒になる。
新しい人と出会いがあると、
必ず、夫が亡くなった事を話さなければならない。
無難に事故死と言っている。 
でもやっぱり心不全にした方が良かった?
心不全の方が聞かれる事が少なかったかもと後悔。
頼むから事故について、根掘り葉掘り聞かないで欲しい。
嘘なんだから、そんなに突っ込まれたらボロがでる。
仕事の疲れ+この精神の疲れが大きい...

あめりこさんへ

何かに反応するのに疲れたと言うか、
そんな事に一喜一憂するゆとりが無いと
言ったところでしょうか。

まだまだこの先ずっと
一緒にいると思っていた伴侶が
今日から突然いなくなる。
生活がまるで変わってしまいます。

そして何年経っても、心は荒んだまま。

それでも弱さを見せないのは、
その事についていろいろ聞かれるのが
イヤだから。周囲から見れば平静を保っているように
見えるのかもしれません。

新しい出会いとかあっても、
出来るだけ家族の話題にならないように
しますが、どうやってもその話題は
避けて通れないので、心不全で通してます。

1回で済めばいいですが、
何回も聞かれるともう、その人と
話すのをやめようと思います。

これは相当、心に堪えますね。



No title

亡くならなくてもいい人が亡くなって、
生きている資格の無いような悪人が
のうのうと生きている。
世の中は不公平ですね。

るい37さんの部下の義弟さんも、
家族の為に、長距離ドライバーとして
一生懸命働いていたのでしょうね。
まだ30歳前後…若すぎます。
ご本人も無念でしょうが、残されたお嫁さんは
なかなか立ち直れないでしょうね。

それに引きかえ、先ほどテレビニュースで、
自身の身勝手な不満から、冷凍食品に
農薬を混入した男の映像が流れていました。
驚くことに、こんな男にも妻や子供がいます。
何で?腹が立って仕方がありません。

2月から、別の職場に長期のパートに行きます。
昨日面接で、さっき採用の電話がありました。
新しい職場に行くと、どうしても家族のことを聞かれますよね。
それが嫌で、パートの時間を夕方からにしました。
主婦より、学生さんが多い時間帯です。
学生さんはあれこれ聞いてこないでしょうから(笑)

悲しいですね、主人が生きている頃は
「うちの主人が…」と、
人に主人の話をするのが当たり前だったのに、
今は避けたい話題になりました。

自死なんて言えない…
人に聞かれたら「心不全です。」と答えます。
今は怖いものもないし、
あまり健康に気をつけようとも思わない。
以前は全く食べなかったポテトチップスも平気で食べます。

自分が強くなったというより、
主人の自死現場を発見した時から、
私自身が破壊された感じがします。
人格も思考も変わってしまいました。

自死遺族は、永遠に癒えない深い傷を
心に負ってしまうんでしょうね。
私もるい37さんと同じで、大概のことには
無感動、無関心になりました。

私も

何に対しても無関心になりました。まだ煩雑な作業に追われてますが、悲しいとかも考えられなくなりました。
また、今回の事で他人はあっさり裏切ることがよくわかり、他人がどうなろうとどうでもいいです。口にだしては言えないけど

のあさんへ

悪い行いをしたら、寿命が縮み、
その分、良い行いをしている人の
寿命が延びるみたいな
ポイント制にすればいいのにと
思います。

農薬事件の犯人は、
家族の事は考えなかったのでしょうか。
しょせんそこまでの人間だったと言う事でしょうか。
であれば、その命を差し出して、
代わりに誰かをこの世に戻して欲しいものです。

部下の妹夫婦は、家を購入したばかりと
言ってたので、妹は相当重い悲しみに
見舞われていると思います。
ホントにやりきれません。

新しい環境では、
当然の如く、家族の話題に
なりますね。

以前は私も半ば自慢げに
妻との仲の良さを人に話していたので、
当時と現在のギャップが大きすぎて、
とても妻の話は出来ません。
これは物凄いストレスですね。

自分では強くなったとは思いませんが、
のあさんの言われるように、
自分自身が壊れているような気がします。

もはや正常な考え方や、
感じ方が出来なくなっているのでしょう。

いつ死んでもいいと思ってるから、
好きな事して好きなもの食べて、
気の向くまま生きている感じですね。
そうしていないと自分が保てないとも
言えます。

愛は永遠、心の傷も永遠、
伴侶と再会出来れば、
愛のみが残るのでしょう。
早く会いたいです。

お仕事お疲れ様です。
何かに集中して、悲しみや
苦しみに触れる時間が
少しでも減るといいですね。
身体にムリの無い範囲で
頑張って下さい。

いや、自死遺族はただ生きているだけで、
相当頑張っているので、
ごく普通にお仕事しましょう。





みくさんへ

自分を維持するだけで精いっぱいで、
他人の事にいちいち干渉するつもりもないし、
そんな事する余裕もありません。

これからも無関心、無感動な人生を
送るのでしょう。

No title

るい37さん、

今まで事情があり、名前、他に「あかね」と「おと」にしていました。
その必要もなくなったので、統一しようと思いました。
これからは、「明音」(あかね)にしますので、
宜しくお願い致します。
ややこしくて、申し訳ありません。m(_ _)m

明音さんへ

HNってその時の心情や状況で
決まるような気がします。

その時に自分が最も思い入れが
強いものがHNになるのでしょう。

「明音さん」

いい響きですね。

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR