唯一の希望

昨夜、妻の夢を見た。

設定はどうやらまだ結婚前のようで、
妻とはもう会えない状況になったらしい。

でも夢の中の僕はそれを受け入れている様子。

おいおい、それはないだろ!

夢の中の僕は、挙句に妻に、「お幸せに」とか
言ってた。


目覚めて
ショックだった。

こんな事ありえない。

この夢は何を意味しているのだろう。
妻が私の事は忘れてと言う意味だろうか。
奇しくも昨日は来年の七回忌法要を
お寺さんに依頼した日。

もう、あの世に逝っても妻に
会えない、相手にしてもらえないと言う事?

妻が亡くなってから、自死したい気持ちを
抱えながら、あの世で妻に会う事だけ、
ただそれだけを唯一の希望にして、
生きたくも無いこの世を
耐えて生きているのに、
本当にもう会えないのだとしたら、
目標も希望も全て消滅してしまう。

他の愛を見つけろと言う事?

この先どうなるかは分からないけど、
茶飲み友達くらいは作っても、
伴侶と言うと、なかなかそんな気にはなれない。

この年の瀬に来年に向けて
何だか暗雲が立ち込めている気がする・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あの世に逝ってももう奥様に会えないなんて事は
ないと思います。
私の夫は生前、
いつも私を迎えに来てくれましたから、
その時が来たら、
必ず夫は迎えに来てくれると信じています。
只それまでの間、あとどの位かわかりませんが、
もしそれが数十年あったとしたら、
この先一生、亡くなった人だけを思って、
寂しく苦しい人生を送って欲しいと
故人は望んでいるでしょうか?!
きっとそうは望んでいないのでは?と思います。

奥様から自分のことは忘れてという
メッセージでもないと思います。
私達が生きている以上、故人は私達の中で
生き続けると思います。
忘れるなんてゆうことは不可能ですから、
無理に忘れようとすることはないと思います。

私達がこの先、再び伴侶となる人と巡り会うか?
それは、Who Knows? です。
結婚をした時、こんな悲しい別れが来ると
誰か予想したり、想像出来たでしょうか?!
未来の事は誰にもわからない。
そんなことを示唆する夢だったのでは?

No title

るい37さん御夫婦の場合、奥様は最期の瞬間まで
るい37さんのことを愛しておられたと思います。

光の見えない病気にさえならなければ、
二人で建てたお気に入りのマイホームで、
共に白髪になるまで結婚生活を続けていたかったはずです。

なので、自分のことを忘れてほしいとか、
もう天国でも会えないとか、
そんなことは決してないと思います。

るい37さんはこの5年間、毎日のように奥様を想い、
辛い日々を送ってこられた。
奥様は天国からその姿を見て
「こんなに愛してくれてありがとう。想ってくれてありがとう。」
と感じているのではないでしょうか。

そして、るい37さんが自分のもとに召される時まで
残された日々を精一杯生きてほしい。
少しでも笑顔を取り戻してほしい。
そう願っていると思います。

引越しの時と同じように、
これから先も奥様が導いてくれると思いますので、
るい37さんは全てを自然の流れに任せて、
来年もこれから先も生きていかれたら良いのでは
ないでしょうか。


今年も今日で終わりですね。
主人が自死してから、るい37さんのブログを見て
孤独から随分救われました。
共感できる自死遺族の方々のコメントにも助けられました。

ありがとうございました。
来年も訪問させてくださいね。






No title

るい37さん、
きっと命が尽きたその時は、愛する亡き人が迎えにきてくれますよ。 私はそう信じて生きています。
逢える時に一歩一歩確実に近づいていることは間違いないのです。
逢った時にはお互い笑顔で逢えるように、恥ずかしくない、
正しい、善き生き方をしたいと思っています。
そして、今私の一番の宝物、同じ心の自死遺族の方々、
これからも、大切に想う気持ちを持って、一緒に歩いて行きたい
それが、「私の生きる道」だと思っています。
もちろん、るい37さんも、そのお一人です。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あめりこさんへ

そういえば、先日、妻の友達に、
以前、もし、自分が早くに亡くなったら、
夫に再婚してほしいかと
女友達同士で話した時、
妻は「この世にいない人をずっと思って、
   生きるのはつらすぎるから、
   自分の幸せを一番に考えてほしい」と
言ってた事を聞きました。

あの世でも妻は私の事を
気にかけていてくれていると思っていいんですね。

妻の事を忘れる事なんて出来ませんから、
妻への想いはずっと抱えたまま、
未来で起こる事を自分の直感に
従って受け入れていこうと思います。

ありがとうございます。
おけげで気持ちが落ち着く事が出来ました。

まりさんへ

えっと、まりさんはのあさんでしたっけ?(汗)
間違ってたらゴメンナサイ。

本当に病が憎らしくて仕方がありません。
どうして妻が、の思いは未だに消えません。

妻があの世で、
まりさんのコメントのように
私の事を想ってくれていると
想像したら涙が出てきました。

妻が亡くなったのに、
自分が笑顔でなんていていいはずがない、と
思って生きて来ましたが、
それはかえって妻を心配させているのかもしれませんね。

生前は妻に世話をかけっぱなしだったので、
せめてあの世で妻に心配をかけないように
笑顔の時間を少しでも増やしていけるように
心がけたいと思います。

この先、何があっても妻の導きだと
思えば、受け入れていけそうな気がします。

私もみなさんのコメントから、
力をもらい、日々の支えとなりました。

拙い文章でも思いのままを
吐き出して良かったと思います。

来年もよろしくお願いします。

ハートさんへ

逢える時に一歩ずつ近づいている、

なるほど、そう考えれば日々を
過ごす事が少しは楽になりますね。

もう会えないのなら、と
自暴自棄になりかけてたのですが、
もう一度、生き方を良く考えて
その時が来たら、胸を張って
ちゃんと生きたよ、と言えるように
する事にします。

同じ思いを抱えた自死遺族の方々は
間違いなく宝物だと思います。
迷いながら、泣きながらでも
笑顔を目指して生きていければと思います。

自死遺族でも笑顔になる時があっても、
許されますよね。

今後ともよろしくお願いします。

うにさんへ

あ、うにさんもそういう夢を
見る事があるんですね。

私だけでないと思ったら、
気持ちが少し楽になりました。

いつか逢える、きっと逢える、
この思いのみが日々を
どうにか乗り切っている状態ですよね。

本当にあの笑顔がもう一度見たい、
あの笑顔の為なら何だって出来る、
そう思ってこの先を生き抜いていこうと思います。

今年もあと数時間となりました。
こちらこそいつも支えて下さって
感謝しています。

来年もまたいつでもお越し下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

はじめまして

1か月前に妻を鬱による自死で亡くしました30代の者です
このブログを拝見していると(正直辛すぎてすべては読めませんが)5年とか経っても難しいのか、と絶望的な気分になります

今は1日中動悸があり、午前中は特に鬱状態がひどく、とても仕事に復帰するどころではありません
その意味での焦りも加わって、本当に鬱になってしまいそうで恐怖の毎日です
最近はだめな考え方と分かっていても、代わりの人を見つけないと立ち直れないという強迫観念にも似た気分に苛まれています

るいさんは当初はどの様な状態でしたでしょうか?




kazuさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

まずは心中お察しします。
そして、私の場合は自死遺族の中でも
かなり女々しい人種だと思われますので、
そういう例もあるんだ、程度に
受け止めていただければと思います。

私がkazuさんと同じ時期は、
自死を考える時間がかなり多く、
その日、その時間を過ごす事が
精一杯で、他に何も考える事が出来ませんでした。

代わりの人をムリヤリ見つけようとしても、
どうしても、妻が自死した事実が重過ぎて、
自分も相手の方も潰れてしまう可能性があります。

特に相手の方にとって、奥様の自死を
受け止める事は並大抵の事では無いと思います。

未だにこんな状態の私ですが、
当初に比べれば、出来る事も増えましたし、
感情も安定する日が増えた気がします。

個人差はあって当然です。
それでも時間とともに、必ず自分の中で
変化が訪れます。

とにかく自分を労わる事、褒める事に
専念するように心がけてみて欲しいです。

自死遺族は本当に健気に生きていると
思います。立ち直るとか無理に考えずに、
今、この時を生きる事を考えましょう。

しつこいようですが、
あくまで個人的な考えですので、
押しつけるつもりは全くありません。

御参考までに。







プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR