羨望と妬み

母親から急遽、食品の買い物を頼まれた。

日曜の夕方のスーパーは行きたくないんだよなぁ。

渋々、スーパーに向かうと、
かなり混んでる。

人が多いだけでもイヤなのに、
周りには夫婦や恋人と
思われる人が多い。

二人で相談しながら買い物してる人、
妻が品定めしている横で、
カートを押しながらついていくだけの
夫。

どの光景を見ても、羨ましくあり、
妬ましくもある。

自分が買い物に来る時は、
人が少なく、いても高齢女性のみで
買い物に来てる人が多い早朝。


そんな中、夫婦で買い物に来てる
友達に会った。

実に仲良く買い物してる。
友達と言っても、旦那さんは僕より10歳くらい年下、
奥さんに至っては17歳くらい年下。

しかも今年6月に結婚したばかりの新婚さん。

僕にとっては眩し過ぎて目が眩むくらい。

とりとめの無い会話をして別れたけど、
内心は、妻との買い物の時間を
思い出し、もうそれが叶わない現実に
打ちのめされていた。


だからこの時間はイヤだって言ったのに。

疲れた。


今、これを書いてる横で、
妻の遺影は優しく微笑んでいる。

「早くまた一緒に買い物したいね」

そう語りかける事しか出来ない現実・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です。
日曜祝日の夕方に、スーパーや
ショッピングセンターに行くのは辛いですね…。
過去に自分もあの中にいたんだな、
と思うと泣けてきて…

神様は、一番大切な宝物を私から奪っていった。
もう真面目に生きるの馬鹿らしくなりました。
どうにでもなれ、という感じ。

主人が自死してから、自分の性格も随分変わりました。
この世に怖い物が何もない(笑)
人に好かれたいとも思わないので気が楽です。

るい37さんが、奥様と楽しく買い物をしていた姿と
私達夫婦の姿が重なりますね。
年齢もほぼ同じで、家族構成も一緒ですから。

世間一般の40代夫婦は、
まだ成人していない子供が数人いて、
賑やかで楽しい家族生活を送っているのでしょう。

自分の置かれた立場との違いに愕然とし、
世の中全てを恨んでしまいます。

できるなら、目と閉じて耳を塞いで、
寿命が来るまで生きていきたい心境です。









のあさんへ

もう自分の住む世界が
変わってしまいましたね。

あちら側の人達とは決して
相交わる事の無い道を
歩んでいくしかありません。
この境界線はかなり残酷です。

怖いもの無しは同じですね。(笑)
死ぬ事が怖くないのですから、
他に怖いものなどあるわけありません。

心の中の口癖は、
「別に死ぬわけじゃないし、
 いや、死んでもいいし」
です。


本当に世捨て人になりたいですが、
それではあの世で妻に会った時に
合わせる顔が無いような気がして
ムリヤリ俗世間に身を置いている感じですかね。

寿命・・いったいいつなのでしょうか。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うにさんへ

カップルは見るとろくでもない
気持ちになるにも関わらず、
目で追ってしまいますね。

矛盾との戦いの日々です。

対向車の助手席は必ず見てしまいますね!
同じような年齢の男女二人組だと
どうしようもなく切ない気持ちになります。

自分の隣は・・
誰でもいい訳じゃなく、
こんな自分を気にかけてくれるのは
妻以外に考えられないので、
思うようにいかないモヤモヤばかりが
心を埋め尽くしています。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR