スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避けたい話題

今日から、自分の職場に新人が
配属された。

仕事の話をしつつも、
一般的な話題の話しもする。

仕事の話しばかりじゃ、
お互い息が詰まるし、
新人にも早く職場に、仕事に
慣れてもらいたいからね。

年齢や、住所、通勤方法、
好きな事、ごく普通に
会話を交わしていく。

普通なら、ここで、
家族構成とかの話しになると思う。

でも僕には出来なかった。

その話題には当然、未婚、既婚の
話しがついてまわる。

正直、自分はどちらでもないと
思ってる。

未婚とも既婚とも言いたくないし、
かと言って、どちらでもないとか
答えても、相手に突っ込まれて自分が
苦しい思いをするだけ。

幸い?、相手もその話題には
触れなかった。
まだ初日で余裕が無いからかな?

でもこの先、必ずその話題は
出るだろう。

僕がしなくても、周りの人間から
新人が聞かされるかもしれない。

若くして妻を亡くした可哀想な人、
数年経っても未だに独身でいる変わった人、

何にしろ、特別な目で見られるんだろう。

いっその事、一度も結婚してない、
心身のどこかに欠陥のある男と思われた方が楽かもね・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね、同じ境遇の人には何でも話せますが、
普通の人との会話では、絶対に避けたいです。
少し前にクリーニング店で、普通の会話をしていたら、
店員さんがお子さんの話をされ、結婚をしてお孫さんが出来たと、
とても幸せそうな感じがして、なんだか、悲しくなりました。

どうして、私は・・・
涙が出そうになるのをグッとこらえたのを、はっきり覚えています。
こんな時、本当に辛いですね。

私も主人が自死してから、
人と会話をするのが嫌ですね。
軽い会話の中で、家族関係の話題が出たら
どう答えていいか戸惑います。

もちろん既婚か未婚かを聞かれたら
「配偶者とは死別しました。」と答えますが、
中には死因まで聞いてくる方がいます。

先日、喪中ハガキを出しましたが、
ハガキを見た主人の知人からすぐに電話があり、
死因を聞かれました。
結局「病死です。細かい死因はお察しいただけたら。」
とお答えしました。

自死遺族の辛さを改めて実感しました。

不謹慎ですが、三大疾患や事故なら
躊躇することなく人に言えるのに、と思います。
「若いのに残念ね。」と、主人の死を悼んでくれるかな
と、勝手な思い込みかも知れませんが考えます。

るい37さん、30代~40代前半で奥様が亡くなる方は
滅多にいないので、職場ではお辛いですね。
奥さんと子供に囲まれて暮らしている方には、
到底理解できない寂しさですから。

>いっその事、一度も結婚してない、
心身のどこかに欠陥のある男と思われた方が楽かもね・・・

これわかります。
最近パートに出ようかなと思い始めましたが、
面接で家族構成を聞かれたときに、
一度も結婚していない独身女性だと
思われた方が楽ですから。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ハートさんへ

何気ない日常にその危険が潜んでいますね。

家族に関する話題はごく普通に出るのが、
当たり前ですから、ホント怖いです。

グッと涙をこらえるあの瞬間、
すぐにその場を走り去りたい気持ちを
抑えるのに必死です。

同じ境遇の人達となら、
自分が特別な存在じゃないので、
ほっとしますね。

のあさんへ

死因聞いて来る人いますね。
大切な人と死別したんだから、
死因が何であれ、触れたくない話題に
決まってるのに、困りものです。

三大疾患に代表されるよく耳にする
病気なら、普通に話せるのに、と
妻が亡くなった当初から感じていました。

それ以外の死因だと、そこからさらに突っ込んで
聞いて来る人もいるでしょう。

思い切って、自死だと言って、
リアクションに困る相手の顔を
見てやろうかと思った事もあります。

やはりこれからは、
死別とか考えずに、
ただ、「独身です」とだけ答えて、
なかなかその機会がなくて・・
とか言っておけばいいのかもしれません。

自分の事も素直に話せない、
自死遺族ってどれだけ重いものを
背負っているのかを思い知らされます。


たまきさんへ

うーん、やはり独身が正解なんですかね。
確かにそうかもしれません。
その先の会話が続かないですからね。

人にはそれぞれ事情があります。
しかし、それを自分の物差しでしか
計れない人が、人の心に土足で
上がりこむような事を聞いて来るんです。

人は一人では生きられない、
否定はしませんね。
人は弱い生き物ですから、
強がっていても何かに寄りかかりたいのが
本音だと思います。

論文、頑張って下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のんびさんへ

仕事ですと、毎日顔を合わせるので、
いつかその話題になりそうで怖いです。
今のところ、仕事の話しで
埋め尽くしています。

ほんの些細な雑談の中にも
その危険はありますね。
それほど家族の話題は
当然の事ながら身近なんだと
感じます。

以前はこんな事気にもしなかったんですが、
今はかわし方を模索する日々。

開き直るか会話しないかのどちらかしか
ないような気がします。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。