実は初めて

今日(正確には昨日)、友達に誘われて、
セントレア(中部国際空港)で
食事をしてきた。

実はセントレアは初めて。
出来た当初はかなりの混雑で、
人ごみがキライな僕は、
2、3年経って、人が減ったら
行こうかなと思ってた。

ちょうどその頃に
妻が亡くなったので、
一人では特に用事もないので、
行く事もなかった。

今日食事したお店は、離着陸する飛行機や、
スカイデッキのイルミネーションを
見ながら食事が出来るお店だった。

料理も美味しいし、窓から見える
景色も綺麗。
妻と来たかったなぁ。

いや、今日は妻も一緒に来ていたよね。

妻はどんな反応をしただろう。

僕の好きな笑顔を見せてくれただろうか。

もうどうやっても
その笑顔を見る事が出来ない。
悔しい、切ない。


スカイデッキで離陸する飛行機を
見てて、新婚旅行の事を思い出す。

僕達もああして離陸して、
心躍らせながら旅立った。

当時はセントレアがまだ無く、
名古屋空港から飛び立った。
帰路は成田経由で名古屋空港へと
言うルート。

幸せな旅立ちの約10年後に
妻だけがこの世から旅立つなんて、
誰が想像出来ただろう。

結局、何を見ても、
妻の自死へと繋がってしまう。

傍から見ても、相当哀しい目をして、
飛行機を眺めていたに違いない。


つらいけど、悲しいけど、

当時の幸せな2人の気持ちに
少しでも戻れるような気がするから、
これからもたまには来てもいいかもしれない。


とりあえず、泣かずに飛行機を
見れるように心を鍛えないと・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素敵な場所を発見したら、やはり最初に思うことは
「奥様と一緒に来たかった」ですよね。
その気持ちわかります。

私も綺麗なものを見たら、主人に見せたかったと思い、
美味しい食べ物を食べたら、主人に食べさせたかったと
思います。

セントレアは、るい37さんの文章を読んでいるだけで
素敵な空港なんだと想像できます。

空港って、胸が躍るような楽しい気持ちになったり、
哀愁が漂うような寂しい気持ちになったりと、
深い思いが生まれる場所ですよね…。

私たちの新婚旅行は【関西国際空港】から飛び立ちました。
フライトの何時間も前に空港に到着し、
二人でワクワクしていました。
幸せの絶頂でした。

いつかまた二人で行きたかったな…。

>傍から見ても、相当哀しい目をして、
飛行機を眺めていたに違いない。

何を見ても奥様のことを思い出してしまいますね。
二人で旅をした当時の幸福感と現在とのギャップ…
天と地ほどの差がありすぎて、心がついていけませんね。

時薬って自死遺族にはあまり効果がなさそうです。
月日がどれだけ経とうが、
自死させてしまった命を諦めきれません。

前向きになりたいとその時は思っても、
しばらくしたらまた落ち込みます。
きっと、ずっとこんな感じで生きてゆくのでしょうね。

るい37さんがおっしゃるように、
私も少しずつ心を鍛えないと。



わかさんへ

非公開コメントに非公開で返信すると、コメントしていただいた人も
読めなくなってしまうので、メールにて返信させていただきました。

のあさんへ

こんばんは。

ホントに一人では意味が無い事
ばかりですね。
こんないい場所が、こんな美味しいものが
まだあったなんて、と思った時に
それを妻と分かち合えないのが悔しくてたまりません。

空港は美しさと切なさが同居する場所な
気がしますね。

「関西国際空港」での、のあさん達の
これから訪れる2人の楽しい時間に
期待に胸膨らませている光景が
目に浮かびます。

ホントに楽しかったですよね。

いつになったら、楽しい想い出達を
心穏やかに振り返る事が出来るんでしょう。

時薬が効かない(効きにくい)いい例が
私なのかもしれません。
人によってはかなり前進されてる方も
いると言うのに・・

いつになったら変われるんだろうと
思いながら、歳を重ねて人生を終えるのかもしれません。

心を鍛えるのもなかなか難しそうです。

No title

このところ、心の波が大きくやっと仕事に行きやっと生活するのがせいいっぱいの毎日でした。やっぱりこの季節は本当に辛いですよね

期限が切れた二人のパスポート・・・写真に写ってる私達は本当に幸せそうでした。ちなみに私達は現地が台風の影響で一週間ずらしての新婚旅行でした。色々と思い出されますよね。銀婚式にもう一度行こうとも話してました。るい37さんの気持ちが本当にわかります。
前向きに生きていこうとしている、るい37さん、まだ私には無理かな。

ふーこさんへ

心の波が大きい時は、ただじっと治まるのを
待つしかないのがつらいですね。

台風やその他トラブルも、当時は
大変だったと思いますが、今となっては
どれも楽しい想い出ですね。
だからこそ、今、それに触れる事が
苦しすぎます。

妻とも、もう一回新婚旅行に行った場所に
行こうねと言ってました。

自分でも進んでるのか後退してるのか
分かりませんが、自分が苦しまないように
心がける事で、妻も安心するのかなと
言い聞かせています。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR