異なる世界

今日は、趣味仲間の集まりに行く為に、
高速を利用。

途中のSAで、仲間の1人と合流する為、
待ち合わせのSAに到着。

時間よりかなり早く着いたので、
仲間を待つ間、
SAの中にあるスタバで休憩。

飲み物を受け取って、
席に座り、外を眺めていた。

ふと、飲み物を買う時に、
並んでいた僕の前のカップルや、
僕の後に並んでいた人が、
おちょこサイズのお試し品を
もらっている事に気付く。

席に座っている他の人も
自分が注文したものとは別に
おちょこカップをもらっている。

ああ、そうか。
僕は負のオーラが身体から滲み出てるから、
もらえなかったのかな。

単純に店員さんの忘れかもしれないけど、
明らかに僕以外はみんなもらっている。

そうか、みんな恋人、夫婦、家族で
ドライブ中の楽しそうな雰囲気だからか。
僕だけ楽しそうな雰囲気が無く、
妙に浮いてるって事か。

被害妄想かもしれないけど、
自分だけ違う世界の住人のような気がした。


外を眺めてると、手を繋いだり、
腕を組んで歩いてるカップルが目につく。

以前のように妻と手を繋いで歩きたいな。


SAやPAは妻が好きで、ドライブ中はよく立ち寄った。
高速では妻は助手席で寝ている事が多かった。

付き合い当初からそんな感じだったから、
男として見られていなくて、
僕に対する警戒心が皆無だったんだろうか。

僕は話しながらのドライブもいいけど、
ただ、横で寝ている妻をちら見しながらの
ドライブも楽しかった。何だか安心出来た。

高速走行中、寝ていた妻が起きると、
「トイレー!」「お腹減ったー!」
大体この二つのどちらか。(笑)

僕は、はいはい、と言いながら、
次のSAに寄る。

そんな想い出が頭をよぎりながら、
目の前のカップルを見てたら、
みるみる内に涙が溢れて来た。

涙が流れ落ちる前に慌てて他ごとを
考える。

未だに泣けてしまうんだ。
いつになったら、まともに
カップルを見る事が出来るんだろう。


もう一生、自分は一般社会とは
異なる世界に住み続けていくんだろう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さんへ

るい37さん、おちょこカップの中身が気になります。
スタバだからコーヒーでしょうね?
るい37さんが注文した飲み物には付ける必要が無かった
のか、それとも単純に店員が忘れたのか…。
どちらにせよ、嫌な気持ちになりますね。

こんな時、関西のオバサマなら
「私は貰えなかった」と店員に言います。
私は…今は言う元気はないですが、主人が生きていたら
絶対に言っています(笑)。

SAは私も好きでした。
女子トイレから出て、少し離れた場所で
待っていてくれる主人を見つけた時は、
幸せな気持ちになりました。

主人と、飲み物を買ったり、お土産物を見たり、
それだけで楽しかったな。

犬連れで旅行に出かけた時は、
ドックランのあるSAを選んで休憩しました。

駄目です、涙が出てきました。

SAは幸せそうな家族連れやカップルが
一杯ですから、一人だと寂しいですね…。
ポツンとお一人で座っていらっしゃる、るい37さんが
目に浮かびました。
まるで私です。
私も、世間一般とは異なる世界に住み続けてゆくの
でしょう。

るい37さんの奥様は凄いですね。
私は助手席で寝れません…
それはズバリ、ドライバーを信用していないからです。
主人は大型免許も持っていたし、
運転自体は上手でしたが、やはり寝れませんでした。

奥様は、るい37さんのことを信頼していたのでしょうね。
変な話、一緒に事故にあってもいいくらいに…。

付き合っている時からそうだということは、
奥様にとって、るい37さんは心から安心できる
相手だったのでしょう。

至るところに奥様との思い出があって、
少し時間があると思い出してしまいますね。
いつまでたっても涙は途絶えません…。

るい37さんのブログを読んでいると、
愛する配偶者を自死で失うことは、
破壊的なダメージを心に負うことなんだと、
つくづく感じます。

私達自死遺族は、自分の幸せの為に生きてゆける日々が
この先訪れるのでしょうか…。
一度、何十年も経過した自死遺族の方のお話を聞いてみたいです。

のあさんへ

おちょこカップの中味はおそらく
コーヒーだと思います。

多分、店員さんの忘れだと思いたいですが、
確認する気力などありませんでした。

私も妻と一緒なら、
確認していたと思います。
関西のオバサマならすぐさま言うでしょうね。(笑)

休日のSAは1人でいると
本当に浮いてしまいますね。

のあさんを助手席で眠らせるのは
相当な運転技術を必要と
するみたいですね。
ご主人でもその信用を勝ち取る事が
出来なかったとは・・

ヘンな話しではなくて、
いつか妻は、
「寝てるうちに事故で2人とも逝くのなら、
 いいんじゃない?」と
言ってた事がありました。

1人だけ残っても全く意味がありません。

自死遺族の中でも、私は特別女々しい部類なのかも
しれません。
私より日が浅い人でも、もっと強く進んでいる
人もいます。

弱過ぎて自分に嫌気がさす事もあります。

自分の幸せを求めてもいいんだと思える日が
来るとは今のところ想像もつきません。

何にしても先の事なんて、考えるだけで、
絶望感しかわきません。

自死遺族の大先輩?の方々の
生き方は興味がありますね。

はじめまして

こんばんわ。私も、夫を亡くし15年がたとうとしています。
15年たちますが、夫への思いは変わらず
いまだに、夜になると寂しく悲しく涙が出ることも
2年前までは、ホント毎晩と言うほど泣いてました。
辛いですよね。
夫が亡くなった時から、私自身も時間が止まってるような。どう言ったら良いんだろう、当時の事を考え悩み答えもでないのに...。ぐるぐると同じ事を考えさまよってます。きっとこの気持ちは、永遠に....
苦しいですよね。でも、こんな事があってから些細な日常生活が幸せに感じるようになりました。何でだろう?きっと人生で一番辛い事を味わったからかなぁ
私は、夫に会いたい・生まれ変わっても結ばれたいと思っていますがこの世の中を嫌とは、変な話思いませんでした。
この世に生まれたから、愛する夫に出会える事が出来たんだし、きっと亡くなった夫の方が申し訳なかったと後悔してるんじゃないかなぁ~って、だから夫がそばにいなくても私を選んで結婚したことを後悔させないよう一生懸命この世界を生きていこうと思ってます。弱虫な私ですが...、天国にいる夫に心配かけたくないですもんね。

カンナさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

自死遺族として先を歩いてみえる方の
ご意見をいただけて感謝です。

お話を伺う限りでは、私が極端に
女々しいわけではないみたいですね。
感じ方は人それぞれなので、
自分は決して異常ではないんだと
思う事にします。

出会った事に感謝し、
この世に幸せを感じる。
その感じ方、初めて聞きました。

一番辛い事も一番嬉しい事も
全てこの世に生れなければ
経験出来なかった。

そう思えば、この世での生を
精一杯生きて、幸せな自分で
いる事があの世にいる伴侶にとっても
喜びになるような気がしますね。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR