もしも

ある日、妻が生き返ってまた
一緒に暮らせる事が実現したら、

最初は言葉が出ず、
本当に妻だと確信出来たら、
思い切り抱きしめて、号泣するだろう。

こんなに嬉しい事は無い。



が、現実はどうだろう。

社会的にはもう存在しない人。
戸籍も無い、身分証明書も無い、
普通に社会生活が送れず、
引き籠りの日々になってしまうんじゃないか。

役所等にどうやって届ければいいのか、
生き返った?、信じてもらえる訳ない。

じゃあ、同姓同名の全く違う人?
そもそも戸籍が無い。

一旦、社会から抹消されてしまった
人間を再び戻すのはかなり困難だ。

こんな現実的な事を考えるように
なったのは、妻がいない事実を
受け入れているって事だろうか。

決してその事実を認めた気は無いけど、
どこかでそれを認めてる自分がいる。
そうしないと生きていけない気もする。

妻が生き返ってももう社会には
その居場所が無いって事か。

切ないな。



それでも、現実に妻が目の前に現れたら、
そんな事は関係なく、受け入れて
一緒に暮らす事は間違いないだろう・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も

るい37さん、
私も毎日、空想しています。

私の場合は、新聞の折り込みチラシに入っている
求人募集の広告を目にしたりすると、
「主人ならできるかな。」
「会社を辞めて、こんな会社に転職したら…。」
「いっそのこと、夫婦でお店でも出そうかな…。」
などと、考えてしまいます。

主人はもうこの世にいないのに…

まだまだ、自死を信じたくない、諦められない気持ちが大きいの
でしょうね。
あの時、会社を無理にでも辞めさせていたらと、
後悔ばかりしています。


夫が亡くなった場合、世帯主が変わるので、
生命保険や遺族年金の受け取り以外にも
様々な名義変更が必要です。

その度に除籍謄本や住民票、死体検案書などを
用意しなければなりません。

確かに主人がこの世にいないという証が刻まれた
書類を役所にとりに行くと、何ともいえない気持ちが
押し寄せてきて、喪失感でいっぱいになります。

先週も、主人の除籍謄本と住民票をとりに市役所に
行きました。

現実を突きつけられる瞬間は本当に苦しいですね。
この日も、夫婦連れの方が何組かいらっしゃったので、
自分の現状と比べ、いたたまれなくなりました。

るい37さんがおっしゃるように、
戸籍なんて無くてもいいから、目の前に現れてほしい。

でも、もう無理だと頭の隅では諦めている自分がいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のあさんへ

空想は自由ですよね。

空想してる時間は何だか
妙に楽しささえ覚えます。
が、空想が終わると
よりいっそうの喪失感や
虚しさが押し寄せます。

公的な手続きって、
どうしてああも事務的というか
機械的なんでしょうね。
そういうものだと分かっていても、
つらい事には変わりないです。

会いたい、話がしたい、
その思いが強過ぎて空想に
浸ってしまうわけですが、
もう二度とこの世では会えないと
分かってるから、空想の内容に
拍車がかかるのかもしれませんね。

たまきさんへ

たまきさんの立場だと、
笑えないというか、笑うしかないというか・・

とにかく彼の動向を見守るしかないのかも
しれません。

それとなく彼にもしも、と聞いてみては
どうでしょうか。
いや、彼を苦しめるだけの気がするので、
やめた方がいいですね。(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽちさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

この悲しみ苦しみから立ち直る必要など無いと思っています。
「直る」と言う事は元に戻ると言う事なので、
以前の自分になど戻れるはずがありません。

私はかなり女々しい方の自死遺族だと
思われるので、参考にはしない方がいいかもしれませんが、
何年経っても、泣く日は無くなる事は
ないでしょう。

心のままに生きていきましょう。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR