分かるわけない 分かってほしくない

高校時代の友人から久々に連絡があり、
昨年、結婚した友人の家に
みんなで遊びにいかないかとの事。

その友人の結婚式には、
自分も呼ばれてて、

妻が亡くなってからは、
冠婚葬祭(特に婚)には
あまり出たくない自分だけど、
半ばムリヤリで出席した。

案の定、結婚式中は
自分の結婚式を思い出して、
涙を必死でこらえながら、
拷問のような時間だった。

その友人の家に結婚式に
参加した面子で集まろうと言って、
日程調整とかを依頼された。

以前はそういう役回りを
する方だったけど、
今はとてもそんな気力がない。

向こうはいかにも、
妻が亡くなってから時間が
経っているから、
ある程度立ち直って?
いるだろうと思っているみたい。

イヤ、違う、それは違うよ。
時間が経って、どうにもならない
現実やいろんな想いは
変わらないのに、それにどうにか
耐え続けている日々だから、
むしろ消耗して電池切れの状態。


リア充な人には分からないんだな。
分かってほしくもないけど。

集まる友人3人は、全員配偶者あり、
うち2人は子どももあり。


集まってもリア充な話聞かされて、
また涙をこらえなきゃいけないのか・・・



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

夫を今年の一月に自死で亡くした者です。

わかって欲しくないと、
タイトルに書いていらっしゃるので、
こう言う言い方は、
もしかして、あなたを傷つけてしまうのかもしれませんが、
私は、あなたの気持ちがわかります。

出席できただけでも、すごいです。

私なら、出席すら出来ません。

来週、叔父の法事があるのですが、
それすら、私は行けません。

配偶者が亡くなると、
本当に、言い尽くせない程の、
色んな感情、出てきますよね。

私は半年たって、
時薬が、効いてきたかと思っていても、まだ、フラッシュバックしたり、
私には世間的に、また、あなたにも、
批判されるかもしれませんが、
今、大切で、私を全身全霊で、守り、愛してくれる、私も、会いしている彼が、最近できました。
彼のおかげで、だいぶ、私の精神も、
安定する時が、増えましたが、
そんな私でも、幸せな瞬間でも、
夫の死を思い出し、恐怖に襲われます。
夫を見殺しにした、私が一生背負っていかないといけない十字架、懺悔だと思って生きていくしか、ないのかな、と思っています。
私には遺された子ども達を育てあげる使命があります。
でも、今は、自力で育てる事が出来ず、愛する子ども達と、離れて暮らしています。
早くひきとりたいと焦りますが、
精神科医と彼、親友達から、
まだ、無理だよって、言われてます。

最低な母親です。

ラベンダーさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

ご主人の自死については経緯が分かりませんので、
不適切な表現がありましてもご容赦下さい。

ご主人を亡くされて半年という事で、自分の経験でしか
推し量る事が出来ませんが、ただただ惰性で生きている
状況でしょうか。

この想いは経験した人でないと決して理解出来ないと
思っています。

友人の結婚式は、彼は40代初婚という事もあり、
自分の結婚式にも出席してもらったので、出席しましたが、
実際は開始前から逃げ出したくなりました。

他にも冠婚葬祭はありましたが、ほとんどは欠席しています。

頼れる男性が現れたそうですが、僕は祝福すべき事だと思います。
ご主人があなたを心配して、その人を引き合わせてくれたのかもしれません。

僕はそんな日が来るのか分かりませんが、たとえその日が来ても、
この現実は一生背負っていくべきなんだと思っています。

お子さんがおられるとの事なので、早く一緒に暮らせるといいですね。精神科医の言われる事も大切かもしれませんが、
自分の気持ちに正直に、自分を信じて進んでいってほしいです。

お子さんの為に半年間、頑張ってこられたわけですから、
決して最低な母親なんかではありません。

焦る必要はないので、自分を労わって自分の為に
生きてほしいです。ご主人もそう望んで見守っているはずです。






プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR