違うけど同じ思いはある

今日はクルマのメンテナンスでいつもお世話になっているお店へ。

ここの店主は僕と同い年。スタッフは僕より一周りくらい年下。
いつものようにクルマの話をしながら作業が進む。

ふと、スタッフが家庭の事でストレスを抱えていると言う話に。
彼は所謂マスオさんで、奥さん、その両親と全然合わない様子で、
仕事してる方が楽しいとか。

僕も経験者だから分かる部分はあるけど、彼の二人の子供の内、一人(5,6歳?)が、
筋肉や神経の病気で要介護なので、別居に踏み切るのも難しいらしい。

そこに店主も話しに入って来て、僕が以前はマスオさんで、別居に至り、
二人で家を建てたけど、二年余りで妻が亡くなった事を話すと、
店主が、「奥さん、どうして亡くなったの?病気?」と言って来た。

僕は、「病気と言えばそうだけど・・実は自殺なんだ。病気を苦にしてってヤツだね」
その後、妻が苦しんでいた時の生活とかを話し、
「人生いろいろあるよね」と締めくくる。

話を聞いていた二人は、そうかぁ、と頷く。
特に驚いたり、深くも聞いてきたりしなかった。

店主は、奥さんが数年前に脳の重い病気にかかり、長い入院生活の後、
長期の自宅リハビリを経験している。
奥さん、一時は家族の事も分からない、徘徊する、意味の分からない言動、等々で
かなり大変な思いをしている。そのせいか、彼は病気に関しても詳しく、妻の病気についても知っていた。

今回、僕が特に違和感もなく事実を話せたのは、僕の中での変化もさる事ながら、
二人が上記のような経験をしている事、職場や近所や幼馴染とかと言う関係では無い事からなのかもしれないし、
自死遺族では無いものの、どこかにそれを受け入れられるものを二人に感じたのかも。

作業終了後も、この世はあの世にまた戻る為の修行の場だから、この世は地獄だとか、
信じられない事が起こっても、もうそれは決まっていた事なのだと思うしか無いとかを話し合って、
何となく自分の思いを例え僅かでも分かち合えるようなそんな時間だった。

今日は、自死遺族以外でもその思いを話せる人はいるのだと思えたような気がする。

これも自分が歩みを進めて来た結果かもしれないね・・・


にほんブログ村











スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR