スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変えられるものなら

TVのニュースで、独り暮らしの老人に近づき、身の回りの世話をしながら、
老人のキャッシュカードで預金を勝手に引き出したり、亡くなった老人の遺体を廃屋に遺棄した
男女が逮捕された事件を見てたら、

母親「どうやったらてああいう事する人間になるんだろうね、育った環境なのかね」

僕「彼らが生まれた時からもう決まってたんだよ」

母親「そんな事言ったら身も蓋も無いんじゃない?自分で運命は変えられると思わないと
    駄目だよ」

僕「自分で運命を変えられたんだと思っても、実はそれも最初から決まってたんだよ」

母親「・・・・」

そう、運命を変えられるものなら、とっくに変えている。

妻の運命を変えられなかった自分をさんざん責めて来て、どん底まで落ち込んで、
希死念慮と戦い続けて、そうして導きだしたのが、「何でも最初から決まってて、
誰もどうしようもなかった。」
これが結論。

もし、運命を変えられるのなら、
変えられなかった時に、ああしていたら、こうしていれば、
この言葉がエンドレスで頭の中を回り続ける。

そんな日々が続けば、心身ともに到底もたない。
だから自己防衛機能が働いて、最初から決まっていた、そう思うようになったのだろう。

無気力だの、向上心が無いだの、覇気が感じられないと言われようとも変わらない。

そうでもしないとやっていけない・・・・


にほんブログ村










スポンサーサイト

浅い眠り

昨日は妻の誕生日。

一人で迎えるようになってから、8回目。
いつもの花屋さんに連絡すると、
「いつもありがとうございます。ではお作りしておきますね。」
名前も連絡先も聞いて来ない。

半年に1回しか利用しないのに、僕の連絡先とか名前とか控えてあるんだろうか。
それともアレンジメントを依頼する男性客がよほど珍しいので、記憶しているのか、
こちらとしては手間が省けていいけどね。

花を受け取り、ケーキも買って一人誕生日会。
いや、妻もきっと一緒にいる。

「いつもマンネリだねー、もっとサプライズとか無いの?」
そんな声が妻から聞こえて来そうだけど、
いつもと変わらない事って、実はかけがえの無い幸せなのだと思う。
変わらない事=安心 
そんな図式が僕の中では成り立っている。

話は変わって、睡眠時間って何時間くらいが適当なのだろう。
今は6時間前後だけど、昼間にどうにも眠くなる時間がある。
寝つきは早いけど、目覚めも早いので、これ以上寝ろと言われてもかえって疲れてしまう。

眠っているけど、実は眠りが浅い、ぐっすり眠れていないと言う事かな。
どうしたら熟睡出来るのだろう。

こんな一生ものの巨大ストレスを抱えていたら、それはムリってものか・・・

IMG_1326.jpg


にほんブログ村
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。