その先にあるもの

あのお店に行きたい。
あのメニューが食べたい。
あのタワーに上ってみたい。
あのアトラクションを経験してみたい。
あの道をドライブしてみたい。
あの絵、景色、建物を見てみたい。
あの人の歌を聴いてみたい。
あの服、靴、を買いたい。

他にもいろいろ、休日に楽しむ事が世の中にはたくさんある。
それを楽しみにして日々働いている人も多いだろう。

そこに行くと僕は、何かをしたいと思っても、いざそれを経験、達成、購入、飲食したところで、
その先にいったい何があるのか、何も無いじゃないかと言う後ろ向きな思考に支配され、
結局何もしないと言うループに陥る。

以前はそんな事は考えずに、ただその時間瞬間を楽しんでいた。

それでも趣味のものだけは、何とか興味を持ち続ける事が出来ている。
しかし、以前は気になったらすぐに手に入れていたものが、妙に考え込んでしまい、
手に入れずじまいとなる事が多くなった気がする。

楽しいと思えたから、行動を起こしたものの、結果的にそれほど楽しくなかった時の虚しさが、
実は地味につらい。
自死遺族となってからは傷つく事に過敏になり、傷つかないように回避ばかりを優先している。

全くメンドクサイ人間になったものだとつくづく思う。

心から笑えないのと同様に、何も考えず楽しむ事も出来ないようになった。
先述の虚しさを感じた時は、消えたい衝動がまた強くなる瞬間でもある。

疲れたなぁ。あとどれくらいもつのか・・・


にほんブログ村






スポンサーサイト

特別何も

お盆休みなこの時期、特にどこに行くわけでもなく、自宅でのんびり。
どうせどこ行っても渋滞してるし、わざわざ人が多いところにあえて行く理由も無い。
弟と甥っ子姪っ子達が来て、一緒にご飯食べに行ったくらいかな。

あとはクルマ仲間とお茶する予定があるだけ。

先々週、猫達に癒されに福井へ行って来たけど、いい時間だった。
自宅の猫が昨年亡くなって、寂しさからまた猫を飼いたい気持ちもあるけど、
もう大切な家族との別れを経験したくないので、断念した。
どうしようもなく寂しくなったら、またこの猫達に会いに来よう。

猫がいない寂しさはこうしてどうにか紛らわす事が出来ても、
妻がいない寂しさは何ともしがたい。代わりとなるものも無い。

お盆だから、久しぶりに姿を見せてくれないかな・・・




にほんブログ村
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR