それはちょっと違う

先日、職場で他部署の女子と話していた時の事。

結婚についての話になって、僕が独身で妻に先立たれたと言ったら、その女子は知らなかったみたいで、
わりと驚いていた。(もちろん、自死は話していない)

基本、妻の死については自部署の人間しか知らないし、(しかも自死はさらに一握りの人間しか知らない)
自部署の人間も他言無用を貫いてくれているようだ。

そんな中、今回、妻の死をごく普通に話せている自分に驚いた。

後日、その女子と自部署の女子の会話で、今回の事が話題になり、
自部署女子 「へー、〇〇さん、奥さんの事話せるようになったんだね、
         当時は奥さんの事は決して触れてはいけないと思わせるほど、悲しんでたのに、
         立ち直る事が出来たんだね、良かったー。」

うーむ、確かに話せるようになったとは言え、「立ち直る」と言う言葉が引っかかる。

立ち直る、の意味は、酷い状態になったものが、もとの良い状態に戻る、となっている。
今の状態は、悲しみや切なさや何も変わらず、希死念慮も相変わらず消えていない。
無気力な自分もまだまだ色濃く残っている。

見た目に普通に生活してるように見えるから、立ち直った、何て思われるのかな。
生きていく為に、この現状にムリヤリ自分を慣れさせただけの事。

妻がいない限り、もとの良い状態に戻る、なんて事は絶対に無い。

あと、乗り越えると言うのも違和感がかなりある。
乗り越えるは、何だか妻の死を踏み台にしてるような気がして、到底出来るわけがない。

立ち直る、乗り越える、これは一生あり得ないから、自死遺族には使って欲しくない言葉。
まあ、こんな事を思うのは僕だけかもしれないけどね。

自部署の女子に、立ち直るについて、それはちょっと違うよと言いたいところだけど、
言うだけムダで疲れるから、スルーしておいた。

立ち直れるものなら、立ち直りたいよ・・・


にほんブログ村




スポンサーサイト

どっちがいいなんて

TVで介護殺人の特集を見た。
家族をその手にかけて服役中の受刑者への取材。
話を聞くと、その状況ではそれしか方法がなかった、苦しみから逃れたかった、殺して欲しいと懇願する家族を解放してあげたかった、そんな事を話していた。

しかし、その後、本当にそれでよかったのか、愛する家族の命を終わらせてしまったと言う自責と後悔にずっと悩まされる事になった。

僕は妻の自死を全力で止めようとしなかった、むしろ黙認していた。妻がそう望むのなら、とまともな思考が出来ていなかった。

その結果、自責と後悔にはずっと苦しんでいる。
それでも、介護する方もされる方も壊れて行くのか、壊れる前に決断するのか、どちらかしかなかった。


状況は違えど、人ごととは思えない。

どっちが正解なんて誰にも分からない。

どっちを選んでも苦しい道が待っている。

どちらを選ぶかは最初から決まっていた。
やはりそう思うしかない・・・


にほんブログ村
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR