スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給油

今夜のウォーキングで、妻の実家近辺に行って見た。
妻の死後、初めて訪れる。

距離にして片道約3km。
結婚前はほぼ毎日のように通ってたけど、徒歩で行くのは初めて。
おかげでゆっくりと想い出に浸る事が出来る。

楽しかった当時に思いを馳せながら、あんな事もあった、こんな事言ってたなと歩いていると、ある場所で足が止まった。
そこは何の変哲も無い道路。

あれはある春の日。
妻から連絡があり、
妻 「ねぇ、クルマが故障したみたい。止まっちゃって動かない、すぐ来て」
僕 「止まった?何で?とりあえず行くよ」

現場に到着すると、路肩に妻のクルマが止まっており、車内の妻に声を掛ける。
妻 「なんか、急に力が無くなってその内、エンジンが止まっちゃった」

そんなに古いクルマでも無いのになぜ?
キーを捻ると、セルは回る。電気系では無いみたい。
次は燃料系か。
あ、ガソリンが空っぽ・・

僕 「あはは、ガス欠だよ」
妻 「え?そー言えば少なくなってたようだけど、燃料計見てなかった(汗) どうしよう」
僕 「スタンド行って、ガソリンもらって来るよ」

僕は妻を自分のクルマに乗せ、ガソリンスタンドで携行缶にガソリンを入れてもらう。
今はこの行為は確か消防法?に抵触するとかでダメみたいだけど、当時はまだ良かった。

妻のクルマに戻り、給油して無事に復活。

妻 「ありがとうー、助かった。」

僕も誰かに必要とされて、好きな人に感謝されていい気分になった。


良かったなぁ、いい時代だったなぁ、言いようの無い切なさを感じながら、また歩き始める。
今だからこの程度で済んでいると思うけど、これが5年前とかだったら、到底耐えられなかっただろう。
これまでも何度か行ってみようかと思いながら、自分がどうなるか怖くて行けなかった。

妻の死後、7年余り、これまで走って来て心身ともにガス欠気味な今日この頃。
今度は僕が妻に給油してもらいたい。

特に心への給油が激しく望まれる・・・


にほんブログ村









スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。