様々な形

先週の土曜日。

高校時代の友人二人と会って来た。
ここ数年会っていなかったので、つもる話もあり、久々に帰宅が午前様になった。

今回は自分の抱えてる思いを多少なりとも話す事が出来たような気がする。

悲しみや苦しみは決して無くならず、むしろ年月を重ねると大きくなって来る事。
ただただ、それに慣れていくしか無い事。
これまで何度も(今でも)後追いしようとする気持ちと戦っている事。

これまでは、二人とも妻子がいて、自分とは違う世界の人間(リア充)だから、
会っても仕方が無い、自分の気持ちなんて理解されない。

そんなネガティブな感情ばかりだったのが、今回はなぜか思いを素直に言う事が出来ていた。

自死の事はまだ話せていないけど、これまで二人とも特に妻の事を詳しく聞いては来なかったし、
彼らなりに僕の事を静かに見守って、気にしてくれていたせいかもしれない。

二人の近況はと言うと、
一人は15歳の長女が2、3年前から不登校になり、今はフリースクール的な所に通っている。
長女は知的障害もあるようだ。
妻(母親)は長女と心を通じ合わせる事が出来ず、友人の前で、長女を愛せないとまで言ったらしい。
そんな事もあってか、夫婦仲もよろしくないようで、子供がいなかったら離婚かもとか。
自分の父親がパーキンソン病を患っていて、歩くのも難しいとか。
もともと、彼の兄は知的障害者で今も一人では生活が難しいとか。

もう一人は、転職を繰り返し、年収が以前の半分にまで減って、
生活苦との事。娘が二人いるのにどーするんだろう。
夫婦仲は特に変わっていないみたいだけど、彼はクルマ好きなのに、好きなクルマに乗れない状況。

二人とも妻との会話はほとんど無いらしい。

それと比較すると、好きなクルマを2台持って、好きなように弄って走って、
両親もおかげ様で元気だし、仕事もいろいろありながらも順調な部類。

友人達から見ると、僕はお金も自分の好きなように使えて、心配事もなく、好きな事出来て羨ましいらしい。

待て待て、今の目先だけ見ちゃだめでしょう。
心配事なんて山のようにある。
両親が要介護になったら全部僕が背負う事になる。
自分の老後は誰も面倒見てくれない。だからそんな好き勝手に散財はしてないつもり。
一日仕事して帰宅して、今日あった事を話したくても話す相手がいない。
何かを相談する人もいない。
温もりが欲しくても、誰も与えてくれない。

「じゃあ、二人とも家族を手放すか?」

そう言いかけて言葉を呑み込んだ。

どんなに好きな事が出来ても、何よりも配偶者の自死と言う背負いきれない十字架が重すぎる。

二人の話と僕の状況を考えて、いったい何が幸せで、何が理想なのだろうと心が迷走する。

とにかく誰もがみんないろいろ事情は抱えている、それだけは間違いない。

なぜか今回は、自死遺族のオフ会以外に、初めて会ってよかったと思えた。
ある程度、自分の思いも話す事が出来たし、これも自分の中での変化なのかもしれない。

次はどう変わっているのかな・・・


にほんブログ村












スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR