逃げ道

先日の軽井沢貸し切りバス事故。

未来(あると思われる)若い命が散った痛ましい事故。
近しい人を突然奪われたと言う点から言えば、自死と共通点がある。

そのつらさは身に染みて分かる。
遺族の悲しみ、苦しみはいかほどだろうか。

とてもやりきれないだろう。
そして、襲い来る後悔と自責。
あのバスに乗らなかったら、スキーに行かせなかったら、シートベルトをしていたら、
このヘンも自死と共通かもしれない。

しかし、どんなタラレバも、どれもこれも、最初から決まっていた事。
その人が生まれた時から、いや、母親の胎内で受精した時から決まっていた事。

その日、その時間、そのバス、その座席、その運転手、その全てが最初から決まっていて避けようが無い事。

運命は変えられるなんて言うけれど、例え変えられたと思ったとしても、
それも最初から決まっていた事。

この投げ槍とも思える考え方、妻の自死以降、死ぬほど後悔と自責と戦って来て、
自分の心の逃げ道を作る為にこの考え方に到達したのかもしれない。

僕が何をしようと何を頑張ろうと、妻の自死は防ぐ事が出来なかったとムリにでも思いこもうとしていた。
そう思わなければ生きて来られなかった。

バス事故の遺族がTV取材に対して、
「まだ何も信じられない、何も感じられない」そう言っていた。

そう、これからなんだよ。この先何年も悲しみ苦しみは大きくなっていくばかり。

一日も早く遺族の心に穏やかな時間が訪れますように・・・


にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR