護心術

昨日、今日と社外研修。
普段はクルマ通勤だからか、たまに電車に乗ると何だか疲れる。
ただ、歩く事が多い事から身体の健康にはこの方がいいんだろうな。
クルマに乗れない事で、心の健康にとってはあまり良くないかも。(笑)

心の健康と言えば、自死遺族には無縁の話。

ズタズタになった心の修復は自分でしか出来ない。
いや、そもそも修復など出来ないのかもしれない。

ただただ、これ以上傷つかないように必死で心を護る術を身に着けるしかない。

①先の事は考えないようにする
②なぜこうなったのか、どうすれば良かったのか考えないようにする
③自分より苦しい境遇の人がいると考えるようにする
④故人に逢える日にだんだん近づいていると思うようにする
⑤泣きたい時は我慢せず思い切り泣く
⑥どうせ生きるのなら楽しんでやる

まだまだあると思うけど、
妻が亡くなった当初は何一つ出来なかった、と言うか
そこまでの思考に到達も出来ていなかった。

それでもひとつひとつ少しずつ、心のガードを固めていけるようになったかな?
そうしないととても生きていけないと思う。

いくらガードを固めたつもりでいても、
思わぬところから突破されて、また傷を負う事もある。

あとどれだけガードを固めればいいのだろう・・・


にほんブログ村







スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR