まだまだ

今日は妻の7回目の命日。

と言っても、特別な反応が自分に起こるでも無く、
仕事も普通にこなせていた。

仕事中にふと、7年前の今日は大変だったなぁと何となく
振り返る程度だった。

これは進歩と言っていいのだろうか。

帰宅して、仏壇の前で蝋燭と線香に火をつけ、
妻の遺影を見ながら、ぽつぽつと自分の思いを呟く。

「そうかぁ、7年かぁ、早いのか遅いのか分からないな」
「そっちでは好きだったじいちゃんやペット達に逢えたかな?」
「オレは相変わらずダメダメな生活してる」

実際、自分自身、特に成長したとも思えないし、
無気力で向上心も無く、心には深い闇が居座っている。
あの日から時間は止まったまま。

「こんなオレの事なんかとっくに忘れちゃってるかな?」
「話がしたいよ、温もりが恋しいよ」

妻が生きていた頃の事に思いを馳せながら、
こんな事を呟いていたら、涙が頬を伝っていた。

あんなに楽しそうにしてたのに、あんなにチャーミングだったのに、
この現実は悔しすぎる。どうやっても僕には妻しかいない。

7年経っても本質的な部分はちっとも変わらない。
表面的には普通に見える(そう繕っている)のかもしれないけど、
まだまだみたい。

今日のこの日は妻とお別れした日。
確かにそれは事実。
自ら命を絶ち、人生を終わらせた本当に悲しく切なく悔しい日。

と同時に、妻が苦しみから解き放たれた記念日。
妻が妻である事を取り戻した日。

そう思えば、自死のネガティブさも少しは和らぐような気がする。
妻の人生、行為をどうにかして肯定したい、そんな思いがこういう思考を生み出しているのかな。

まだまだ五里霧中、暗中模索な7年目だけど、
昨年とはまた違った考え方、捉え方をするようになっている。

来年、まだ生きていたら、また違った見方が出来るようになるかな・・・


にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR