心の棲家

たまたまつけたTVで、昭和30年代~平成20年代までの様々な年齢層が聴きたい曲の番組をやってた。

昭和の曲はどれも懐かしいものばかり。
当時の日々を思い、若かったなー、楽しかったなー、なんて思ってた。
と同時に、どうしても妻の事を思い、当然、元気な少女時代を過ごしていたと思うし、
こんな未来など誰も予想出来なかった。

妻と一緒にこの番組を見てれば、楽しく昔を振り返り、
懐かしさを二人で共有し、ほっとする時間になっていたに違いない。

それが出来ないせいで、ただただ、切なさしかこみ上げず、
目が熱くなって来る。

共に同じ時を生きて来て、共に同じ時を生きていく、
その存在が欠落しているつらさをこういう場面で実感させられる。

懐かしい曲を聞いても、それがどんな曲であっても、
今は涙しか出て来ない。
曲に対して涙を流すのではなく、自分達の当時の輝きと現状の悲しみを思い、
どうにもならない胸の苦しさから、ただ泣いている。

例えば、平成7年の曲が流れると、
21歳の自分が13年後に自分が死ぬなんて誰が思うんだろう。
誰も思わないよなー、と妻の写真に話しかけて泣く。

ある曲が流れた時、自分ではかなり前の曲だと思ったけど、
妻が亡くなった翌年の曲だった。
そうか、これ、妻は聴いていなかったんだ、
もうそんなに経つんだ。

確実に時は流れている。
でも時の流れにまだまだついていけてない自分の心。
止まったままの時間。

未来に目を向けても、何も無い。

自然と心は過去に向いてしまう。

過去には戻れないのは分かってるけど、
心は未だに過去を棲家としている。

限られた時間、今後、僕に何が出来るのか・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村













スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR