頷けるようにはなりたくなかったけど

先日、TVである霊園を取材している番組を見てた。

お墓参りに来た60代の女性。
七年前に最愛の一人息子をガンで亡くしたとの事。

熱心にお墓掃除をしていた。
息子さんが亡くなった当初は、人に会うのがイヤでイヤでずっと引き籠っていたらしい。
他人の子供の話を聞きたくなくて、息子の事を聞かれるのがイヤでとにかく外との関係を遮断してたとの事。

女性は、取材に応じながら、
こんな事になるのなら息子ともっともっとたくさん話しておけば良かった。
逢いたくてたまらない。

時折、涙を流しながら語っていた。


自死遺族になる前なら、ふーんそうかぁ、で終わっていたけど、
今は、その女性の思いがイヤになるほど良く分かり、
終始TVに向かって、うん、うんと涙ぐみながら頷いていた。

比較にはならないとは思うけど、ガンで亡くなったのなら、
言い方は悪いけど、諦めも覚悟もある程度は出来ると思う。

自死の場合は、「可能性」がつきまとう。

あーしていたら、こーしていたら、そのどれもがまだ見ぬ未来を想像させ、
遺族を苦しめる。

今回のように、他人の悲しみを理解出来るようになったのは、
人として大きくなったのかもしれないけど、その代償はあまりにも大きい。
誰もこんな経験などしたくない。

これも転生輪廻の修行のうちなのだろうか。
あまりにもむごい修行だと思う。


ここのところ、吹く風に秋を感じるようになった。
ミスドにも栗系のドーナツが増えて、こんなところにも秋を感じる。

季節は確実に巡っていくんだね・・・

IMG_0632.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR