悲しみの繋がり

今日は沖縄慰霊の日。

僕は当然、戦争は経験していない。
それでも、僕の祖父にあたる人は、戦時中、海軍にいて、
海上で戦死しており、そのせいで、実家は代が一代跳んでいるので、
戦争の影響を少なからず受けている。

言い方を変えれば、戦争が無ければ僕は生まれていなかったかもしれない。

僕の幼少期には、まだ曽祖父と曾祖母がいて、僅かだけど記憶に残っている。
曽祖父と曾祖母にとっては、一人息子を戦争で殺されたので、
その悲しみは計り知れないものだった事だろう。

今日、TV等で沖縄慰霊祭の様子や、沖縄戦についての特集が組まれている。
以前は大変な事があったんだなと漠然と感じていたものが、
今日は、実際の体験者の方の証言や、当時の映像、写真が流れている内に、
いつの間にか涙が溢れていた。

そして、いい戦争など絶対にない、失うのものはあっても、
得るものなど何もない。そう強く感じた。

自死遺族となってから、理不尽な亡くなり方をした人、その遺族に対して、
感情移入が激しくなっている気がする。

同じ経験をしたわけじゃないので、その気持ちが分かるとまでは言えないけど、
大切な人をある日突然、納得がいかないまま亡くして二度と会えず、
悲しみがいつまでも消えないと言うところは共通だと思う。

妻は、戦争で亡くなった人にあの世で会って、話を聞いたりしてるんだろうか。
あの世ではこの世以上の出会いがありそう。何たって時空を超えてるから、
歴史上の偉人とかもいるのかな。

沖縄戦で尊い命を落とした人、その遺族の心情を思うと、胸が締め付けられる。
戦争経験者でも無い僕がこんな事言っても、経験者の人に怒られるかな。

単純に比較は出来ないけど、大切な人との突然の別れは本当につらい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR