スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いは唯一無二

友達(リアル)が、mixiで書いてた日記。

その友達は約1年前に父親をガンで亡くしている。
その治療~死去~今日までの今まで押し殺していた思いを吐き出していた。

末期ガンとなり、ホスピスへ移動。
そこでは苦痛だけを和らげ、特に治療はしない、所謂「看取り」?と言うもの。
手続きの書類にハンコを押したのは息子である友達本人。

当然、さらなる延命も考えたけど、父親の苦しい姿を見かねての判断。

この1年、父親の事を忘れた事など無く、本当にこれでよかったのか、
一周忌を迎える今、父親は許してくれてるだろうか、誰にも言えず、誰も聞いてくれず、
周囲にもそうした素振りを見せられなかった、そうした苦悩を書いていた。

この友達のブログには、イイネもコメントも当然つけられなかった。

僕は親を亡くした経験も無いし、ヘタなコメントなどするべきでは無いと思ったから。

と同時に、リアルな友達にブログ上とは言え、思いを吐き出せるのは羨ましいとさえ思った。
僕が同じような事をしたら、みんなドン引きで、腫物にでも触るような扱いになるだろう。
誰もコメントなど出来ないだろうし、もしコメントされても、
当事者でも無い人のコメントなど、到底素直に受け取れない。

ガンで看取りは、言い方は悪いけど、ごく普通の亡くなり方だと思う。

僕はリアルでは誰にも言えず、誰も聞いてくれず(聞いて欲しくも無いけど)、
周囲にもそんな素振りを見せないから、今では普通に生活してると思われてるだろう。
その悲しみも深い心の傷も真っ黒い闇の感情も、誰も知らない、分からない。

みな、経験した事柄で、思いは唯一無二のもの。
何が一番つらいかは決められないけど、どうやっても自死遺族だけは、
どこかで線を引かれている気がする。


久々にシロノワールを満喫しながら、そんな事を思った日。

IMG_0427-1.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。