ダブる未来

先日の事。

路上で一人の老人が倒れていた。
どうしたのか駆け寄って抱き起す。
身体に異常が無いか、全身を軽く叩いたり揉んだりしてみる。

特に大きな怪我とかも無く、どこか痛いところが無いか尋ねてみる。

老人は突然泣き出す。

どうしたのか聞くと、転んで一人で起きられなかったので、
悲しくて悔しくて泣けて来たと言う。

僕は、大丈夫、大丈夫と諭すように身体をさする。

そうこうしていると、さらに大きな声で泣き出す。

今度は、大泣きしながら、僕にお礼を言い出した。

どうやら自宅はすぐ近くで、一人で歩いて帰れるとの事なので、
僕はその場を後にした。


うーん、何だか自分の未来を見ているようだ。
自宅での孤独死もそうだけど、路上で倒れてそのまま放置されて、
亡くなる可能性も高い。

実際、僕の曽祖父は、自転車で路肩の側溝に落ちて亡くなった。

ある意味、そういう逝き方は世話が無くていいかもしれない。

今日のように人助けしてれば、自分がそうなった時に、
誰か助けてくれるかな。

もし、路上に倒れていたら、誰か気づいて下さい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR