同じドラマは無いけれど

昨日は東日本大震災から4年と言う、日本中が鎮魂の日だった。

追悼式でのある女性は、母親と一緒に津波に流され、
流れ着いた場所で、母親だけが重い瓦礫に挟まれていた。
その瓦礫は到底一人の力ではどけられない。

津波はまだ迫って来る。
時間は無い。

悩んだ挙句、彼女は母親に、
「ありがとう、大好きだよ」と感謝の言葉を伝え、その場を泳いで離れた。

彼女は、「助けるか、生きるか、今思い出しても涙が止まらない」
そう話していた。

どれほどの苦渋の選択だっただろう。
目の前で近しい人を亡くす痛みは、言葉にならない想像を絶する痛みに違いない。

震災では、こういったドラマが数えきれないほどあるのだと思う。

自死遺族のドラマは、ある日突然亡くす事には違いないけど、
感謝の言葉もお別れの言葉も言えない。
偏見と好奇の目で見られる。

せめて感謝の言葉だけでも言いたかったな。

追悼式での彼女とは異なるドラマだけど、
彼女の心情を思うと、涙が出て来た。

以前は他人のドラマには無反応だったけど、
次第に、反応が出来る心の余裕が出来て来たのかな。
もとより、自死遺族なので、近しい人を亡くす痛みは十分過ぎるほど理解出来る。

震災で亡くなった人達に、妻は遭遇したのだろうか。
急にあれだけ多くの人があの世に流れて来たので、さぞかし驚いただろう。
再会した時には、その時の事も聞いてみたい。

妻への想いとともに、震災で亡くなった方への鎮魂の為に祈りたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR