始まりと終わりと再びと

昨夜、夜のウォーキングに出たところ、
自宅目の前の公園のベンチで、若い男女が抱擁していた。

夜とは言え、電灯の真下だから、目立つ事この上ない。
この辺りは基本、人通りは少ないとは言え、大胆な二人だ。(そう思うのはオジサンの証拠?)

愛し合ってるんだねー、青春だねー(羨


最初に妻を抱きしめたのはもう、19年前になる。
最後に妻を抱きしめたのは、6年前になる。

その温もりは未だこの手に残っている。

いつも妻への想いをずっと送り続けているから、心のふれあいは
いつか出来るのではないかと期待は出来る。

しかし、手を繋いだり、抱きしめたりと言った、物理的なふれあいは、
100%不可能。

手と手、身体と身体のふれあいは、時に、言葉に出来ない思いを
伝える事が出来る。

初めて抱きしめて、最後に抱きしめて、また再び抱きしめる、
その日に少しずつ近づいていると思えば、
一日一日を乗り切っていく事が出来るような気がする。

その日までは、想いだけをずっと送り続けて、
再会した時には、言葉無しで強く長く抱きしめたい。

どちらにしろ、再会したその時は何も言葉にならないだろうね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR