スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興

TVで、阪神淡路大震災から20年の特集を組んでいた。

そうかあれから20年か。

遺族の現状、震災を知らない人たちへの伝承、
各地で、それぞれの思いを胸に活動が行われている。

震災経験者で、小学校教員の人が、
震災直後に作られた歌を児童とともに各地で合唱する
活動をしていた。

その歌を聴いて、涙を流す人もいる。

その教員の人の言葉で、
「これはもう経験しないと理解は出来ない」
「悲しみは何年経っても消える事は無い」

この言葉は自分でも大いに共感出来る。

今の自分にも当てはまる。

知り合いに、震災経験者がいるけど、
それを知った時、僕は「そうなんだ」としか言えなかった。

上記のように共感出来る部分もあるけど、
自分は経験者じゃないので、何も言えなかった。

神戸の街は復興を果たしているように見えるけど、
被災された人達の心には深い傷が残っていると思う。
(こういう表現が適切かどうかは分からないけど)

忘れる事など出来ない、悲しみは消えない。
でも、生きていくしかない、現状に慣れていくしかない。
そんな思いで生き抜いているのでは、と思うと、
その部分は自分にも共感出来る。

どうか被災された人の心が、亡くなった人の魂が、
穏やかに安らかに過ごせますように。
震災を知らない世代にもずっと語り継いでいって欲しいと思う。


自死遺族は語り継ぐ事など出来ないなぁ。
ムリムリ。

神戸の街は10年経たない内に復興を果たしたような気がする。

僕の心の復興は果たして・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。