適切な言葉なんて

自死遺族となってから、周囲からたくさんの言葉を投げかけられた。
もちろん、ほとんどは励ましや哀悼の言葉だと思う。

その言葉と僕の想いについて、いくつか挙げると、
①気を強く持って → ムリでしょう
②頑張って → いったい何を?
③早くいい人見つけて → そんな気になれない
④再婚しないの? → そんな簡単なものじゃない
⑤運命だったんだよ → そんな言葉じゃ片づけられない

同じ境遇を経験してなければ、理解など出来ず、
適切な言葉など掛けられるわけもない。

多分、何を言われても素直に受け止める事は出来ないのだと思う。

何も言わず、ただ、話を聞いてくれるのが最も適切な対応な気がする。

さらに最近は、僕が普通に暮らしてるように見えるのか、
⑥1人は気楽でいいねー
などと言われる事もある。

さすがに⑥は無いでしょう。どこが気楽なもんか。
その代償の重さは分からない人にはずっと分からない。
こうなるともう、話もしたくなくなって距離をおくばかりになる。

それでも中には、こちらが話した事だけに耳を傾け、
以前と変わらない付き合いをしてくれる人もいる。
そんなこんなでこの数年で付き合いがかなり限定されて来た。

狭い了見だなと思われるかもしれないけど、
余計なダメージを心に負いたくない、妻の選択を否定されたくない、
この想いは譲れないところ。

ただ、穏やかな時間だけを追い求めているのみ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR