認められるものそうでないもの

今回のブログは極めて主観的な内容なので、
人によっては不快に思うかもしれません。
それをふまえた上で閲覧下さい。



先日、海外で脳腫瘍の女性が安楽死したとの報道がされていた。

その報道に世間では賛否両論。

それは当然だろうけど、果たして安楽死と自死は異なるのか。
医師から薬を処方されて、それを服用しての死。
服毒自死との違いは、医師の許可の有無か。

昔から、安楽死には賛成派。

でも、生きたくても生きられない人から見れば、
生きられるのに自ら命を絶つなんて、言語道断だと言われるのだろう。

そもそも生きる、生きているとはどんな状態を指すのか。
痛みや苦しみが無く、自分の事は自分で出来ると言う状態だと
自分では思っている。

意識が無い、自分の意思を伝える事が出来ない、動けない、
このような状態は周りの負担もそうだけど、
当人のつらさは計り知れない。

自分が自分でなくなってしまう、そうまでして生きるべきなのか。

何だか自死を推奨してるみたいだけど、決してそうじゃない。
自死が無くなる世の中になればいいと常々願ってる。

でも、とても生きているとは言えない状況から脱する方法が、
自死しかないのなら、認めてあげてもいいんじゃないかとも思う。

少なくとも治る見込みの無い病気に対しての安楽死は、
一方的に禁ずるべきでは無いと思う。

病に苦しみながらも、いつでも逝けると言う逃げ道?(安楽死)があれば、
行けるところまで生きてみようと言う気にもなるんじゃないか。

自死を擁護するわけじゃないけど、妻の行動を僕が正当化しなければ
誰がするの?と言う思いから、今回の報道に反応した。

苦しんで苦しんで、もうそれしか無いと選んだギリギリの選択、決してしたくてしたわけじゃない選択、
例え世間の誰もが認めなくても、僕は揺るぎない意志を持って認めている。

人にはみな当事者にしか分からない事情があるんだ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR