いつでも戻れる

部屋にあるラベル無しのCD-Rを整理しようと、
一枚ずつ、何が入っているか聴いて確認していた。

その中のひとつを聴いた時、心も身体も止まった。

その曲は妻の携帯の着うたになっていたもの。


僕はその曲を知らなくて、妻が亡くなった直後に、
妻の携帯が鳴って初めて聴いたものだった。

当時、その曲を調べて、CD-Rに焼いて、部屋でもクルマの中でも
ずっと聴いていた。少しでも妻を感じたい、近くにいたい、そんな思いからの行動だったのだろう。

この曲を聴くと、妻が亡くなった当時にあっという間に戻る。
妻の遺体に直面した事。
ただただ、機械的に葬儀、告別式をこなした事。
妻の携帯に妻の友達から電話があり、亡くなった事を告げた事。
遺影を見ながら泣き喚いた事。

あの頃と比較すると、僅かかもしれないけど、
確実に強くなっている自分がいる。

慣れたのか諦めたのか認めたのか分からない。

でも、それは結果的に自分を守る術だったのだと思う。

自分が変わった事を感じる時が増えて来た最近だけど、
今回のようなきっかけで、いつでもあの頃に戻るんだね。

やはり根本的な思いは変わらないのだろう。

妻の携帯の着うたを聴いて、
この携帯の主はもういないんだ、二度と電話に出る事はないんだ、
ごく普通に携帯を使っていたのに、どうしてそれが遠い過去になってしまったんだろう、
そんな事を思い、どうにも切なくなる。

妻の声も、仕草も、笑顔も、泣き顔も、僕の中では全く色褪せない。

過去のものだけど、過去のものにしたくない。

そんな思いで、曲を聴く・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR