抱きしめたくなる

昨夜、「赤い霊柩車」の最新作を見てた。

今回の登場人物では、葛山信吾さんと櫻井淳子さんが夫婦役を演じてた。
その夫婦は過去にあった殺人事件の加害者家族と被害者家族。

被害者の弟と、加害者(実は冤罪)の妹。

それを知らずに出会い、夫は結婚してすぐに打ち明けたが、
妻はなかなか言い出せずにいた。

ある時、妻はついに事実を打ち明け、冤罪を主張。
だが、夫は妻の言葉を信じず、家を出ていってしまう。

最終的には冤罪が証明され、夫は妻の元に帰る。
妻はなぜ、このタイミングで事実を話したのか。
妻は自分が妊娠した事を知り、新しい家族が出来るのに、
隠し事があってはいけないと思い、打ち明けたのだった。

それを知り、夫は謝りながら妻を抱きしめる。

劇中での櫻井淳子さんの演じる女性が健気で可愛くて、
ホントに抱きしめたくなるような女性だった。

女優さんってスゴイね。

大切な人を抱きしめたくなる衝動が、かなり強く襲って来て、
妻の写真を見ながら、名前を呼ぶ。

だけどそれは叶わない。

番組の最後は、いつも通り、
渡月橋の下の川沿いを歩く、片平なぎささんと神田正輝さんを見て、
同じ場所を妻と歩いた事を思い浮かべる。

もう、抱きしめたくなる大切な人はいないけど、
その衝動は治まる事は無い。

寂しいね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR