スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然死ではない?

今日は妻の誕生日。
生きていれば41歳。

今年もささやかだけど、花とケーキでお祝い。
この先もずっと続けていくつもりだけど、実はこれって妻の為じゃなく、
自分の贖罪の為にやってるのかもしれない。

奥様をガンで早くに亡くしたある人のブログで、こんな文面があった。
ガン等、死が確定していて、それまでの間に
したい事をしたり、いろいろ準備が出来る死。
これをお別れが言える死と言う。

一方、自死も含めて何の準備も出来ず、ある日唐突に訪れる死。
当然、お別れも言えない。

どちらがつらいとか比較出来るものじゃない。

どうやっても避けられない死に向かってカウントダウンされるような
状況は、心身ともにとてもついていけないと思う。

そういう人から自死を見ると、生きられる可能性があったのに勿体無いとか思うのかな。

どっちが正しいとか言うのはナンセンス。


と、自死は突然死に含まれると言ったけど、
果たして自分の場合はどうなのか。

確かに妻はある日突然逝ってしまった。
朝、普通に会話してたのに夜には帰らぬ人になっていた。

でも本当に僕に自死への準備期間はなかったのか。

妻が死にたいと言ったり、自死サイトを徘徊してるのを
咎めたりしなかった。
ある程度、予測してたんじゃないか。
毎日、朝起きて妻が自死してないか確認する日々もあった。

妻が苦しんでる姿を見て、一刻も早く妻を解放してあげたい思いから、
例え自死でもかまわないと言う意識があったのかもしれない。

いや、妻の解放じゃなく、本当は自分が解放されたかったんじゃないか。

何と言う自己中心的な考えだろう。
偽善者もいいとこだ。

この思いは妻が亡くなってからずっと消えないでいる。
大切な人の自死が何を意味するのか、
自分に何が訪れるのか、全く分かっていなかった。

だから、妻の死はひとくくりに突然死とは言えない。

悔やんでも悔やみきれない、どれだけ謝っても足りない。

妻の苦しみや、自分の罪深さを考えれば、
今の身体の状態など小さな事に思えて来る。

今日、こういう考え方が浮かんだのは、
身体の事で沈んでいた僕への
実は妻からの励ましなのかな・・・

20140930-3.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。