突然死ではない?

今日は妻の誕生日。
生きていれば41歳。

今年もささやかだけど、花とケーキでお祝い。
この先もずっと続けていくつもりだけど、実はこれって妻の為じゃなく、
自分の贖罪の為にやってるのかもしれない。

奥様をガンで早くに亡くしたある人のブログで、こんな文面があった。
ガン等、死が確定していて、それまでの間に
したい事をしたり、いろいろ準備が出来る死。
これをお別れが言える死と言う。

一方、自死も含めて何の準備も出来ず、ある日唐突に訪れる死。
当然、お別れも言えない。

どちらがつらいとか比較出来るものじゃない。

どうやっても避けられない死に向かってカウントダウンされるような
状況は、心身ともにとてもついていけないと思う。

そういう人から自死を見ると、生きられる可能性があったのに勿体無いとか思うのかな。

どっちが正しいとか言うのはナンセンス。


と、自死は突然死に含まれると言ったけど、
果たして自分の場合はどうなのか。

確かに妻はある日突然逝ってしまった。
朝、普通に会話してたのに夜には帰らぬ人になっていた。

でも本当に僕に自死への準備期間はなかったのか。

妻が死にたいと言ったり、自死サイトを徘徊してるのを
咎めたりしなかった。
ある程度、予測してたんじゃないか。
毎日、朝起きて妻が自死してないか確認する日々もあった。

妻が苦しんでる姿を見て、一刻も早く妻を解放してあげたい思いから、
例え自死でもかまわないと言う意識があったのかもしれない。

いや、妻の解放じゃなく、本当は自分が解放されたかったんじゃないか。

何と言う自己中心的な考えだろう。
偽善者もいいとこだ。

この思いは妻が亡くなってからずっと消えないでいる。
大切な人の自死が何を意味するのか、
自分に何が訪れるのか、全く分かっていなかった。

だから、妻の死はひとくくりに突然死とは言えない。

悔やんでも悔やみきれない、どれだけ謝っても足りない。

妻の苦しみや、自分の罪深さを考えれば、
今の身体の状態など小さな事に思えて来る。

今日、こういう考え方が浮かんだのは、
身体の事で沈んでいた僕への
実は妻からの励ましなのかな・・・

20140930-3.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

恵み

今日、帰宅すると、弟が来て洗車していた。

弟も僕と同じ、いや、それ以上のクルマ好き。
若い頃から近所では評判のバカ兄弟だった。(笑)

洗車が終わると、一緒に夕飯食べに行こうと言う。
どうやら弟は今日、1人らしい。

両親も合わせて4人で夕飯を食べる事になった。

こうして4人で食事してると、実家に住んでいた時の事を思い出す。
小さい頃から結婚するまで、ホントに想い出は尽きない。

そんな回想をしてると、
妻も同じように家族と楽しく暮らしてたんだよなぁ、
お互いにまさかこんな結果など予想するはずがない。
そう思うと、家族での楽しい食事のはずなのに、
また切なさが押し寄せて来る。

いやいや、目の前の現実を、状況を見て生きるしかないじゃないか。

現実、うーん、今日の状況は比較的いいんじゃないだろうか。

一番大切な人はいないけど、
家族はみな間違いなく大切な人。
まさに親子水入らずで、団欒の時間がもてる事は
十分過ぎる恵みと言っていいと思う。

一週間の締めくくりとしては、いい形になったと思う。

さて、明日はリハビリ頑張ろう。

いい時間になりますように・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

秋の日

今日は気持ちのいい秋晴れだった。
こんな日はどこかドライブして、景色を楽しんで、
美味しいものを食べたりしたいもの。

と言っても仕事だからそれも叶わない。

通勤の交通量や、クルマの種類や搭乗人数とかで
世間は休日なんだなぁと気づく。

配偶者がいれば、今日みたいな日は休みをとって、
二人で出かけたりするんだろう。

以前はそうした想い出がたくさんあった。

今週はどこか遠出してみようかな。
一人だけど。

とは言え、今の身体ではあまり長時間の運転は厳しいかもしれない。
東京日帰りとかも一人で普通に出来て、福岡さえも友人と二人で
25時間くらいで往復出来たのになぁ。
今思えば若さ(バカさ?)ゆえか。

近場でぶらっと行けるところで楽しむ事にしよう。

結果的にそのヘンでお茶して終了かもしれないけど、
スイーツ食べて鋭気を養うのもありかも。

甘いものは心の隙間を満たしてくれる気がする。

どうせなら友人に声かけてみるかな。

時間ある人がいればいいけど・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




解放

今週はトラブル続きで、帰宅が遅くなる事が多く、
かなり疲れとストレスが溜まってたので、
昨日、仕事帰りに友人とカラオケ行って、
溜まったものを思いきり吐き出して来た。

喉が枯れるほど叫んで心地いい疲労感。

今日は、リハビリ。
今回で3回目。
前回までは
女性看護師さんだったけど、今回は男性看護師さん。

一応、僕も男なので、女性の方がいいなと思ってしまう。
こんな事思うなんて、元気な証拠かな。

リハビリ中に、看護師さんが、
「クルマお好きなんですか?」

と聞いて来た。

どうやら僕が着ていたTシャツがモータースポーツ関連のものだったので、
聞いてきたみたい。分かる人には分かるものなので、
看護師さんに話を聞くと、彼もクルマ好きらしい。

リハビリ中はその話題で、楽しく過ごす事が出来た。

今の所、リハビリは精神と身体の解放になっている気がする。
平日の毒?を浄化してくれるいい時間になっている。

ささやかだけど、いい事があったなと思わせてくれた。

踏んだり蹴ったりの日々の中で、
これくらいの幸せがあってもいいよね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

呼応

昨日から口唇ヘルペスを発症。

かなり昔に初めて発症して、その後は、
疲れやストレスが溜まると出て来る。

最近は出てなかったけど、
身体の事、仕事の事、もともとの心の疲弊で、
かなりストレスと疲労が溜まっていたんだろう。

弱ってるなぁ。

先日、何かにすがりつきたいと書いたその夜、
妻が夢に出て来た。

僕はひざまづいて、妻にしがみついてた。
まさにすがりつくと言う表現が正しい。
妻はただ黙って、僕の頭に手を置いている。
しばらくその時間が過ぎた後、目が覚めた。

僕がすがりつきたいと言ったから、出て来てくれたのかな。
何よりも誰よりもすがりつきたい人に
願いを叶えてもらえたのは本当に救いだった。

この何もない日々に、安らぎを与えてくれた。
たとえ僅かでも穏やかな時間を与えてくれた。

いつも傍にいてくれてるのか、
遠くにいてもちゃんと見てくれてるのか、
とにかくその存在を確認出来て、心が温まった。

夢での妻の温もりを力にして、
もう少し日々を繋いでいけるかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



確認したくなる

土曜日は病院でリハビリ。

看護師(と言っていいのかな)さんは
優しく話しながら、処置をしてくれた。
身体がほぐれた事もあって、穏やかな時間を
過ごせたと思う。
これならリハビリ続けられそうかな。

今日は、クルマの車検が近いので、
車検仕様にする為、ホイールを交換。

病気になってから初めての作業だったので、
果たして出来るのか不安だったけど、
左腕の違和感はあるものの、作業は無事完了。

こういうある程度力を遣う作業や、指先を使う作業が
ちゃんと出来るのか、事ある毎に確認したくなる。
ああ、まだ出来るな、と自らを安心させたいのだろう。

これもリハビリの一種?

身体の事は、考えても仕方がないけど、
頭から消す事も出来ない。
時折、何かにすがりつきたくてたまらなくなる。

でも、すがりつく物も、人もいないんだね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





頑張れ いや、頑張るな

秋の気配が近づくここ数日。

秋の味覚だの、旅行だの、スポーツだの、
お店紹介だの、
新聞、TV、雑誌、WEBでワクワクするような企画が
取りざたされている。

でもねぇ、一向にワクワクなどしないんだよ。

世間からすっかり取り残されている感覚は、
妻が亡くなってからずっと変わらない。
時が解決もしてくれない。

身体もこんなんだし、ワクワクのワの字も感じる事が出来ない。

そうは言っても、一応、身体は動くし、
自分で行動も出来るから、動けない人からすれば、
自分で自分を奮い立たせて、
頑張って出かけたりしないといけないのかもしれない。

頑張らないといけないのかな?
もうずっと頑張ってるつもりだけど、
いつまで頑張らなきゃいけないのかな。


うん、そんなに頑張る事は無いよな。

なるようにしかならないし、
気が向かなかったら、ムリに出掛ける必要も無い。

出掛けたからと言って、気分が良くなるとも限らないし、
自分がしたいと思った事だけすればいい。

仕事も負担を減らしてもらうように再度、依頼しよう。

ただ、生きているだけで、それだけで、
十分頑張ってるよね・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



違う方向も必要

今日、会社で病気の事を話した。

「これからどうなるか分からないので、
 自分には過度の仕事やストレスを与えないで欲しい」

半ば冗談気味に上司も含めた同じ部署の人間に話したけど、
みんなの反応はイマイチ。

身近な病気じゃないし、経験もしてないからもっともと言えばもっともか。

あまり真剣に話しても、逆に自分の心が乱れそうだし、
淡々と事実だけを話した。


そんな今日、職場での会話で好きな芸能人の話になって、
僕も聞かれた。

昔はアイドル全盛時代に、菊池桃子さんとか中森明菜さんが好きだった。

今は、中山忍さん、深田恭子さん、本仮屋ユイカさんが見てていいなぁと思う。

妻を見てるのが一番好きに決まってるけど、
写真を見てると涙が出て来るので、見たいのか見たくないのか
よく分からなくなる。

たまには先述の女優さん達の映像とか見て、
何となくぼーっとしてみてもいいかな。
病気の事ばかり考えるより、たまには違う方向を
見る事も必要だと思う。

僕も男ですから。(笑)

不謹慎かな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村






呼んでいる?

今日、専門医の診断を受けた結果、

なかなかに難しい病気みたい。

「黄色靭帯骨化症」

詳細はwebでも見れるから省略。
プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの
星野仙一監督と同じ病気だと言えば、
分かりやすい?

ただ、星野監督は腰、
僕は首、
首の方がよろしくないに決まってる。

軽度なので、手術とかはせずに、
リハビリと経過観察となった。
とりあえず、リハビリしながら、
来月また検査する事に。

左腕のだるさに加え、左手薬指と小指の感覚が、
右手を10とすると、7くらいなので、
妙な感じ。

これを抱えたまま生きていくのか。

何だかなぁ。

最悪の場合は、周りに迷惑をかける前に、
身の振り方を決断しないといけない。

今すぐ死が訪れても何とも思わないけど、
周りに世話をかけるのだけは避けたい。

結局、生きる意味を見つけられないまま、終わるのかな。

やっぱり妻が呼んでるのかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村






やれる事は

今日、病院で診察を受けて来た。

先週、薬をもらって経過を観察して来たけど、
改善があまり見られないので、
検査設備が整った専門医で診てもらうよう、
紹介状を書くとの事。

もうなんかもうでもいいと思う気持ちと、
でもやれる事はやっておこうと言う思いが
共存している。

原因が分からなかったり、
治らない病気だったら、
それはその時に自分の生き方を決めればいい。

妻も、自死を考えつつも、
僕が、「やれる事は全部やっておこうよ」
と言う説得に応じて、各検査は頑張って全部受けていた。

その僕が、まだやれる事があるのに、投げ出したら、
妻にしめしがつかない。
あの世で会ったら、思い切り怒られてバカにされるだろう。
殴る蹴るじゃすまないかも。(笑)

身体が動くうちは治す方法を探していきたい。

さて、どうなるか・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR