スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい時間

うちの会社は8月末が年次決算。

昨日の昼、夜と、今日午前中の休日出勤で棚卸し。

今は身体を休めたい時なのに、立場上休めない。
何とか今日午前中を乗り切ったから、今夜と明日は何もせずに休もう。

今日は夕方、猫の定期尿検査で動物病院へ行って来た。
待ってる間、病院に置いてある雑誌を見ると、
女性雑誌の「MORE」が置いてあった。

「MORE」や「With」は妻が買っていた雑誌のひとつ。
妻が読んで、テーブルの上とかに置いてあったものを
僕が読んで、
僕「こんなの服や鞄あるんだねー」
妻「何、買ってくれるの?」
僕「別にオレの許可なんか要らないくせに」
妻「まあねー(笑)」

僕「こういう服着てみたらどう?」
妻「こんなお色気ムンムンなの私に似合うわけないじゃん、これの方がいい」
僕「あ、うん、これもいいな」

と僕はその服を着た妻を想像したりして、
妻との時間を楽しんでいた。

ホントにただの日常だけど、
その光景も、いいようのない安堵感と幸せな気分も
鮮明に脳裏に焼き付いている。

いい時間だよなぁ。


今日は目を閉じて、妻とのやりとりを
思い浮かべて、泣けるかもしれないけど、
少しでもあの幸せを感じてゆっくり身体を休めたい。

そういえば動物病院の先生やスタッフの人は、
いつも妻一人もしくは僕と二人で来ていたのに、
今は僕一人で来てる事をどう思ってるんだろう?

診察券の名前も妻の名前になってるから、
何か思ってるとは思うけど、
その辺りは察してるんだろうか・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村












スポンサーサイト

先を読み過ぎる思考

先日からの左腕のだるさは、今回は鍼灸の効果はなかった。

現在は内科外科で投薬中。
改善が見られなければ、レントゲンでは分からない、
頸椎の詳細な検査を行う予定。

左腕のだるだに加え、手首から先に痺れたような感覚。
左首から肩甲骨~左腕にかけて突っ張るような感覚。
左腕がかなり疲れやすい。
何もしたくないほど腕が重くなる時もある。

これは何だかヤバい病気の予感。

治らない病気で、周りに迷惑をかけるのなら、
自分の身の振り方を考えないといけない。

まだ診断も下っていないのに、先読みし過ぎだと
言われそうだけど、自分の事が自分で出来なくなってからでは遅い。

今朝、弟から連絡があり、弟の家の愛犬が、
突然死したと連絡があった。(7歳くらい)
命はいつどうなるか分からない。

次は自分なのかなとそんな思いが頭をよぎる。
こういう時はすぐに、無気力で投げやりな思考に支配される。
もともと欲張って生きようなんて気もないし、
特に抵抗せず、運命を受け入れるのだろう。

いよいよ妻が迎えに来たのかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

紡げない日常

今朝、ケーキ屋さんのモーニングへ行って来た。
ちなみに「モーニング」とは、喫茶店等で、
ドリンクを注文すると、パンや卵とかが
サービスでついてくる東海地方特有?のもの。
その内容はお店によって様々。
最近はわりとメジャーになってるのかな?

基本、何をするにも億劫なので、直前まで迷ってたけど、
何も考えずに行く事にした。

ここは数年前(妻は既に他界)に一度来たところ。
その時はケーキ盛り合わせモーニングを完食しても
まだ食べられる感じだったけど、
今回はもういっぱいいっぱい。
やはり加齢かな。(汗)

母親と行ったけど、母親は食べきれないとの事で、
ほぼ1.5人分くらい食べたら、いくら甘いもの好きでも、
さすがに胸やけがした。

ストレス解消?が目的で来たはずなのに、
何だかスッキリしない。
その要因は食べ過ぎによる胸やけだけじゃない。

食べながら「妻と一緒に来たかったなぁ」
結局、どこ行っても、何食べても、
全てその思いでいっぱいになる。

妻の感想も聞きたいし、想い出も作りたい。

それはもう叶わないと十分過ぎるほど分かってる。

いくら何を積み重ねても、
もう二度と想い出を紡げない日常。

これがどこにも行く気にならない思いの根源なのだろう・・・

KC3Z1204 (2)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

繰り返される黒い日

現在の通勤路。

その途中には妻を送った葬祭場がある。

毎日ここを通る度に、妻を送った日が否が応でも頭に浮かぶ。

初めて目にする索状痕、
物言わぬ妻、
一晩中、妻の遺影と遺体を見つめて、
ただただ茫然としてた通夜。

全く実感が湧かなかった告別式。

結局、涙は全く出なかった。
現実味が無いとはまさにこの事だったのだろう。

初めて涙が出たのは、その数日後に
妻の遺書を見返した時だった。

亡くなった当日は遺書を見ても、本当に何も
感じる事が出来なかった。
意識が飛んでいたのかもしれない。

その後はもう毎日泣き喚いていた。

その葬祭場は、信号の角にあるので、
信号待ちで停車する事も多い。
ただ、通り過ぎるだけならいいけど、
信号待ちしてると、どうやっても葬祭場の方を見てしまう。

そうすると、あの日が繰り返される。
そう、毎日。

通勤路変えようかとも思ったけど、
それもまた何だか寂しい気がする。
妻を感じられるのなら何でもいい、と言う思いが、
通勤路の変更を思い留まらせているのかな。

そうだ、僕の時もここで送ってもらうように
遺言でも書いておくか。

いや、自分がいなくなった後の事なんて
どうでもいいか・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





もはや持病?

先週辺りから、また左腕のだるさを感じるように。

今日、鍼灸院で治療してもらい、
これからまた数日通院する事になった。

前回はいつだったか、少なくとも一年以内だったと思う。
以前は鍼灸など全く縁が無い生活だったのに、
加齢のせいなのか、それともストレスか。

ストレスと言えば、夏休み中は、また無気力状態が加速していた。
何かやろうとしても、する気が起きない。
新聞広告やTV等を見て、あ、ここ行ってみようなかなと
一瞬思うけど、やっぱりやめたと思う事の繰り返し。

どうしてやめようと思うのか、考えてみた。

その場所に行って何かあるのか、
本当に楽しいのか、そもそも一緒に行く人もいない、
人ごみもキライだし、時間のムダ?

ネガ思考が膨らんでるなぁ、良くない傾向だけど、
自分でも止められない。

好きな事も、やろうとするまでが億劫で、
なかなか腰が上がらない。

そんな心の状態がこの身体の状態を生み出しているのか。

だとしたら、この心の完治は望めそうに無いから、
この身体の症状も持病になるのかもしれない。

何年経っても心の安定への道のりは長くなりそうだ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

すべからく遠くなる

夏休みの真っ最中。

大阪ガンダム展以外には特に予定もなく、
ほぼ一日、TVで高校野球観戦。

出掛けても、渋滞ばかりだし、
この時期はおかしなドライバーも多いので、
自宅にいた方がいいと思う。

なんて半ば負け惜しみのような事を
思いつつ、妻と付き合い始めて最初の
夏休みの事を考えてた。

確か、どこかにドライブ行ったり、
買い物したりしてたと思うけど、
ある日、お互いに財布をプレゼントしあった事があった。

妻が言い出したのだけれど、
ちょうど僕も財布が古くなって来てたから賛成した。

お互いに気に入った財布を購入したけれど、
なぜか価格が4、5倍違った気がする。(笑)
何となく釈然としない気持ちを抱えつつ、
妻が喜ぶのなら、と自分に言い聞かせてたような気がする。

その時に妻にもらった財布は今でも使っている。
財布を見る度に、若い2人の日常が頭に浮かぶ。

妻と最後の夏休みは、妻が検査入院だったので、
毎日、病院に通ってた。

最初の夏休みは、ときめきや喜びで満ち溢れていたのに、
最後の夏休みは、絶望と暗闇で埋め尽くされていた。

そのどちらもゆっくりと、でも確実に遠くなっている。
何だか今年は言葉では言い表せないけど、
遠くなった事を強く感じる。

思いは何も変わらないのに、時間は容赦なく流れていく・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村





楽しめた、と思う

今日はガンダム展を見に、大阪天保山へ。

混んでる訳でもガラガラな訳でもなく、
ちょうどいい人出で十分に楽しめた。

小学生の頃から見てたので、思い切りガンダム世代な僕。
展示の最後のところに、歴代のガンダム達の映像が
流れていた。

ガンダム自体に感動するとともに、
当時の事や、それから今日までのいろいろな事に
思いを馳せると何だか胸に来るものがあった。

言い過ぎかもしれないけど、僕の中にはいつもガンダムがあり、
ガンダムとともに成長して来たのかもしれない。

ガンダム作品ひとつひとつに思い入れがあり、
その当時の事を思うと同時に、

その頃の妻はどうしていたのだろう、
当然、健在で元気にしていたのだろう、
明るく、走り回ったり、美味しいもの食べたり、
友達と遊んだり、映画見たり、オシャレを楽しんだり、
買い物したり、笑顔が溢れていたに違いない。

自分の自死と言う結末など全く考えるわけがない。

そんな事が頭の中を埋め尽くし、
いつしか目に涙がいっぱい溜まっていた。

他人が見たら、この人、ガンダムに感動して
泣いてる?
よっぽどガンダム好きなんだなー、
と思われてたかな?

会場の人には誰一人分からない、
複雑な思いを抱えて会場をあとにした・・・

KC3Z1203.jpg



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

向こう側

実家に戻って初めてのお盆。

昨年までは自宅で妻を迎えていた。
今年はご先祖様達と妻を一緒に迎える。

仏壇から妻の位牌を出し、
仏間の座敷机の上にご先祖様の位牌とともに並べる。
お供え物等々の準備をして、
お参りする。

お参りしながら、
妻は向こう側にいるのか。
どうしてそっちにいるの?
未だに信じられないし、納得も出来ない。

それでも仕方なく現実を受け入れてお参りするしかない。
どうやっても今は同じ世界では生きられない。

妻に、
もうそっちの生活には慣れた?
僕が行ったらいろいろ教えてね。
そんな事をつぶやく。

あの世での先輩か。
厳しい先輩かもしれないな。
僕が行くまでにあの世でのマニュアル作りよろしく。

あの世でもいろいろお店とかあるのかな。
あるとすれば、そんな街並みを妻と一緒に
歩くのが楽しみ。

あと何回お盆を迎えればその日が来るのか。

そんな事に思いを馳せる今年のお盆・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村









本当に好きでやってる人なんて

たまたまwebニュース見てたら、
独身男女の割合が増えて来ていると言う話題があった。

いわゆる「おひとり様」。

一度も結婚してない人、
離婚した人、
死別した人、

事情は人それぞれだろうけど、
良く聞くのが、「一人が気楽」

果たして本当にそうなのか。
実際、本当の事情を知らない人達から「気楽だよなー」と、
僕も言われる事がある。

思い切り反論したい気持ちを抑えて、
聞き流してるけど、本当に好きで一人でいる人なんて
いるのかな?

金銭的にも余裕があると思われてるようだけど、
病気やケガしても誰も助けてくれないから、
全てお金払って頼むしかない。

この先に待つものは、猫との別れ、両親との別れ、
結末は孤独死。そんな事ばかりが頭に浮かぶ。

再婚すればいいんじゃ?と言われそうだけど、
そんな簡単なものじゃない。

先の事は考えず、今、この時だけ考えようと
常々思ってるけど、それでも、
どうやったって考えてしまうよ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村









報われた努力

妻と付き合い始めたものの、当時、妻は
僕の事を好きと言うわけではなく、
興味本位で会っていたと言う。

妻もクルマは好きな方ではあったけど、
それまでいわゆるスポーツカー系の知り合いは
いなくて、どんなクルマ、どんな人なんだろうと言う感じだったらしい。

じゃ、どうして付き合い続ける事にしたのかと
聞くと、「優しかったから」との事だった。

確かに僕は、それまでどちらかと言うとズボラな方だった。
でもなぜか妻の事はかなりマメに動いていたと思う。
デートの下見、ルートやタイムテーブル、立ち寄り場所、
誕生日、記念日等のイベント、
今思うとどうしてあんなに一生懸命になれたのか不思議。

ただ、妻の笑顔が見たい、その思いが僕を突き動かしていたのだろう。

妻は恋人とは土日のどっちかだけ会えばいいかなと
思ってたらしいけど、僕が毎日のように会いたがるので、
いつしか妻もそれに合わせるようになっていた。

妻の死後、遺品の中に昔のスケジュール帳があって、
中を見ると、付き合って数か月は僕の名前は「○○クン(苗字)と会う」とか
書き込まれてたけど、途中からは「彼とデート」とかに変わっていた。
(その「彼」が実は僕じゃないんじゃない?というツッコミは無しで(汗))

とにかく、僕の努力が報われたのだろう。(そういう事にしておこう)

あれから18年、この結果は予想してなかった・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。