しあわせである事

妻を自死で亡くしてしあわせなわけが無い。
今でも妻に会いたい、声が聞きたい、
その想いは全く弱まっていない。

今までずっとこんな不幸は無いと思って苦しんで来た。
この先も、ずっと不幸な境遇を感じながら、
苦しんでいかなければいけないのか?
それも相当きつい。

ふと、妻と出会う前の自分は不幸だったのか?
いや、不幸だとは思ってなく、むしろしあわせと感じる時が
あったと思う。

妻と出会ってからは、しあわせが倍増したと
考えればいいのかな。
一度、そのしあわせを味わってしまうと、
それが普通になり、それを失うと不幸のどん底に
落とされたように思ってしまうのかもしれない。

今の境遇でもしあわせと感じられるように、
妻と出会う前の自分が何にしあわせを感じていたか
思い出してみよう。

泣いても喚いても、もがき苦しんでも、
妻には会えない。
それを無意識の内に認めて、自分を
守る方向に変わって来てるのかもしれない。

妻と出会う前のしあわせって何だったかな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR