スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日の日課

休日の日課と言えば、
昔から朝から洗車がお決まりだった。

それ以外は特に必ず決まったものはなかった。

妻と付き合うようになってから、
「お茶の時間」が最優先となった。(笑)

それまで喫茶店の類はほとんど行く習慣がなかった僕は、
妻が「そろそろお茶しよー」と言う提案に
別にしなくてもいいじゃん、と最初は違和感を覚えていた。

ただ、元々甘いものは好きだったので、
喫茶店でケーキ等を食べる事で、お茶の習慣も、
わりと容易に受け入れていった。

妻は食事にはあまり拘らず、
お茶するお店、メニューにはいろいろ拘りがあった。
特にお店の雰囲気、建物、置いてある家具、小物
その辺りがお店を選ぶ基準となっていたようだ。

時には、高速道路を利用してまで、
お目当てのお店に連れて行かれた事もあった。(笑)
高価なお茶だこと、と僕は半ば呆れ気味だった。

まあ、僕がクルマ関連に拘りがあるように、
妻にも譲れないものがあったのだろう。
そういうお互いの価値観を認め合う事は
一緒に過ごす上で大切な事だと思う。

特に予定が無い休日の朝の会話、
妻「今日、何する?」
僕「洗車の後は特に何も無いよ」
妻「今日のお茶はここね」

そんな会話が昨日の事のように脳裏に
焼き付いている。

喫茶店でも行ってみるかなぁ。
妻の真似して新規開拓でもする?

どっちにしても一人じゃ微妙だなぁ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自分次第?とは言うものの

今日からゴールデンウィーク。

天気もよく暖かいので、自宅前の公園は、
多くの人で賑わっている。

世間は長期連休を利用して、
旅行やレジャーに出かけるのだろう。

以前はその中にいたんだけどなぁ。

朝からお墓参りと洗車を済ませたけど、
今日、あとどうするかな。
明日以降もする事を考えないと。

どこか出かけてもどうせ渋滞に巻き込まれるだけだし、
何もする気が起きない。

でもそれは自分次第で過ごし方を変えられるとか
どこかで聞いたような気がするけど、
方法が分からないし、心がそうさせてくれないので、
何が何だか良く分からなくなる。

やる気スイッチってどこにあるんだろう。

さて、
一人カラオケ
ゲーム
ドライブ
友人と会う

どれもこれも「したい」と強く思うわけでもないので、
結局、無気力な時間ばかりが過ぎていく。

いい加減、この状態を何とかしないといけないと
思うけど、なかなかうまくいかないね。

自分の生きた証をどう残すべきか・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ<a href=にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村" />
にほんブログ村



言える人

朝と昼の気温差が激しい今日この頃。

そんな日々、仕事でのストレスがかなり溜まってる。

原因は人。
上からは無理難題やムチャ振りばかりだし、
下からはわがままな要求や、ミスのフォロー依頼。

努めて冷静に対応して来てるけど、
いい加減投げ出したくなる。

何より、妻が亡くなってから、
ずっと普通じゃない心理状態が
続いているから、全てが面倒に思えて来る。

でも、周りには妻の死から立ち直って、
普通に仕事してるように見えるのだろう。
何も変わってないんだけどね。

妻の死を理由に、ただ自分を甘やかしているだけなのかな?
よく分からなくなる。

仕事があるだけ幸せなのかもしれないけど、
それよりも自分の身体が大事。
もとより、仕事より自分(家族)の時間を
優先するタイプなので、いかに早く
終わらせて帰宅する事を考えて仕事したい。

帰宅して愚痴のひとつでもこぼしたくなるけど、
親に言ってもどうしようもないしなぁ。

妻は部署は違うけど同じ会社で働いていたので、
一緒に働いている時はもちろん、妻が退社後も
よく愚痴を聞いてくれた。

ただ、黙って聞いてくれて、
「よし、じゃあ今度の休みはあそこ行こう」とか
「ご飯食べたら散歩でも行く?」と
少しでも僕が癒される時間を作ろうとしてくれた。

結局、仕事の悩みは自分で解決するしかないから、
下手なアドバイスもらうよりも、
より効果的な休息方法を言ってくれる方がありがたい。

いや、2人で一緒にただ過ごしているだけで、
十分に癒された。

今は誰にも言えず、溜め込む一方。

こんな事じゃダメだね。

しっかりしなさいよ!と
遺影に言われてる気がする。

守るべきものが無いと
しっかりも出来ないよ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村









気晴らしなのかな?

昨日、骨折のリハビリ?も兼ねて、
彦根~長浜~奥琵琶湖までドライブして来た。

予想以上に人やクルマが多く、なかなか快調に走れなかったけど、
春のドライブを楽しめたと思う。

彦根では、彦根城、長浜では黒壁スクエアとかの
観光地が目に入ったけど、それぞれ妻との想い出が
強いので、どうにも足を踏み入れる事は出来ず、
素通り。

カップルを見ると切なくなるのもあるかな。

走りに専念しようと奥琵琶湖パークウェイに向かう。
結局、クルマが多くてろくに走れなかったけど、
病み上がりの身体にはそれくらいがちょうどいいかも。

行きかうクルマは家族連れやカップルばかり。
僕の助手席は・・

横で寝てる妻、何かを見つけて2人で
驚いたり笑ったりする姿、次の目的地を相談する姿、
今日行ったところの感想を2人で話す姿、
飲み物を差し出す妻、

そのどれもが現実だったのに、今は遠い昔のような
気がして切なくなる。


ずっと今日も横に乗ってるよね。
そう強く自分で思うしかない。

気晴らししようと出かけても、何だか微妙だなぁ。

一人ドライブに慣れるしかないのかな・・・

DSCN3541.jpg

DSCN3551.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

遠くならないように

骨折から復帰して、約2か月ぶりのウォーキング。

前回はまだ真冬の寒さに耐えながら歩いてた気がするけど、
今はもう汗ばむくらいの季節。

いつの間にか季節が巡って、桜の花も散り、
新緑が目立つようになっている。
歩くにはちょうどいい気候。
夜でも全く寒くない。

季節が変わった事を実感するといつも、
妻がまたひとつ遠くなっていくような気になる。
実際に時間は確実に経っているから、
遠くなっているのには違いない。

何だか急に寂しくなって、
帰宅して妻の写真をいくつか見始める。
写真を見る度に、その写真を撮った時の事が
鮮明に甦る。

妻の声、香り、温もり、その全てが
今も脳裏に焼き付いている。

写真を見終わったら、自然と涙が頬を伝っていた。
号泣と言うわけじゃないけど、
涙はまだ枯れていないみたい。

こうして妻が遠くならないように、
ささやかな抵抗を試みる。

世間は、亡くなった人を過去に追いやろうと
するけど、僕にとっては過去であって過去じゃない。

これからもこの抵抗は続くのだろう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

喉元過ぎるもの

昨日は、久々に愛機でそのヘンをドライブ。
いい休日を過ごした。

今日は、通勤用のクルマを始動。
やっぱり好きなクルマで走るのは
楽しい。

どうせなら通勤もやっぱり楽しく運転したい。

骨折した当初は、

やっぱり普段乗りのクルマはATの方がいいかな?
買い替えようかな?とクルマ探しを少し
した時期もあった。ところが、今は、すっかり前述のような状況。
喉元過ぎれば何とやら、
人間ってヤツは何と勝手な生き物か。



どこかから妻の声が聞こえるような気がする。

「治る病気、怪我はいいよね。」

今回、僕の足が一生このまま治らないと言われたら、
どうしただろうか。
妻と同じ選択をしただろうか。
いや、これくらいで同じ選択をしたら、
妻に笑われる。

希望って大切だ。
それがあるとないとでは、心身の状態がまるで変ってくる。

骨折の件は喉元を過ぎたけれど、
妻の自死はちっとも喉元から離れようとしない。

この事実が喉元を過ぎる事など一生ないのだろう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

解禁

今日、病院行って来た。

診断の結果、骨がくっついて来てるから、
固定を外せる事になった。

久々に普通に歩けるようになったけど、
何だか違和感がある。
これもそのうち慣れていくのかな。

これでクラッチ踏めるし、
約2か月ぶりに愛機に乗れる。

楽しみがあるのはいいね。
いつも落ち込んでばかりだけど、
こういう日があってもいいよね。

気遣ってくれた方々ありがとうございました。

歩けるってありがたい・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

本当に避難したい事

今日は職場で避難訓練があった。

消防署の人達も加わり、
近い将来、東南海地震?が来るから、
しっかり知識と行動を身につけるようにと
通達があった。

地震ねぇ、いつ来るか知らないけど、
来たら来たで、そこで逝ければそれで
いいんじゃない?

そんな事を思いながら、
避難場所へ向かう。

誘導担当者が、
「みんな小走りで急ぐようにー」と
言うけど、こっちはまだ怪我人。
走れないよ。

今、地震が来れば、こうやって逃げ遅れて
逝くのかな。

守るものも、避難する気も無いのに、
避難訓練とはナンセンス。

今、この現実から避難したい・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

境界線

今日は天気もよく、風もあまりない。

こんな日は洗車して、クルマ弄りや
メンテするに限る。(笑)

それにしても・・

自宅の目の前が公園なので、
桜目当ての人が多く来ている。

友達同士で遊ぶ子供達。
親子三代で遊ぶ人達。
親子でお弁当を広げる人達。

みな思い思いに楽しんでいて、
いい春の日を過ごしているのだろう。

唯一の救いはカップルがあまり来ない公園な事。

何にしろそういう光景は苦手なので、
見たくないけど、
外でクルマ触っていると、目の前を
全く見ないわけにはいかないし、
見ないようにしてても、
楽しそうな声が耳に入って来る。

みんな僕とは住む世界が違うんだなぁと実感する。


でも、

今日、この公園に来ている人達の中にも、
何れ、自死する人、自死遺族になる人が
いるかもしれない。

それは明日か、何年も先かそれは分からないけど、
その境界線を越えて、僕と同じ世界の住人に
なる人がいるかもしれない。

以前、向こう側の人間だった僕は、
そんな事は微塵も考えていなかったけど、
その境界線はすぐ身近にあったりする。

もうこちら側に来る人は増えて欲しくない。

そう強く思いながら、
僕は意識をムリヤリ作業に集中させた。

春らしい明るいブログを書きたいと思うのに、
いつもこうなってしまう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



何も始まらない

今年も桜が咲いている。

通勤路にも自宅の前にも、
満開の桜がいやがおうでも目に入って来る。

平日にも関わらず、幅広い年齢のカップルが、
桜を見ながら散歩している。

若いカップルを見ては、
妻との花見を思い出して、
悲しくなり、

高齢のカップルを見ては、
その域に達せなかった事に
悔しくなり、

この先も素直な気持ちで、
桜が綺麗だと思えないんだろうと
寂しくなる。

職場からの帰路に、
花見客用の臨時駐車場があり、
その出入りの為に渋滞していた。

その現象にイライラしながら、
花見客を、そのクルマを
半ば睨みつけるような眼差しで見る。

妻が生きている時は、
この時期はしょうがないなぁと言う感じで、
見ていたのが、今は異様なまでの
殺伐とした思いしか浮かばない。


4月は、春は、
始まりの季節。

でも、自分には何も始まるものなどない。
始まりも終わりも無い世界。

桜吹雪の中から、妻が現れてくれないかな。

そんな妄想だけが膨らんでいく・・・

DSCN3520.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。