認めていないのに

職場で、普段はほとんど話した事が
無い人(50代男性)と
たまたますれ違った。

僕の左足を見て、
男性「それ、どうしたの?」
僕は、事の経緯を説明する。

男性「クルマがMT車しかなきゃ、
   乗れないよね。
   じゃあ、奥さんもMT車乗れるんだ?」

男性は、妻が亡くなった事すら知らない。

一瞬、僕は言葉に詰まり、
「ええ、妻もMT車に一応乗れますけど、
 あまり進んで乗りたがらないですね」


もう最近は妻の事を聞かれる事は
ほとんど無く、そのおかげで心が
安定する日が多くなったいた。

なので、ここでまた事実を説明して、
いろいろ聞かれるのもイヤだったので、
嘘をついてしまった。


もちろん、妻はもういない。
しかも妻はAT限定免許。

ここのところ、わりと安定する日が
多くなっているのは、
妻が亡くなった事実を、
自分でも知らないうちに認めているのかなと、
思っていた。

しかし、事実を話したくないと言う事は、
本心では妻の死を、未だにちっとも認めていないと言う事か。

嘘をついた事と、素直に話せない自分に対しての
言いようのないモヤモヤが体中に広がって、
苦しくなる。


この世にもう妻はいない。
社会的にも存在しない。
それは紛れも無い事実。
消す事も戻す事も出来ない。

確かにそう、そうなんだ。
そうなんだけどね、


面と向かってそれを認められない
自分がいるのを今回のような事で
思い知る。


それは、自分が認めたら、
妻はもっと遠くに行って
しまうんじゃないか。

いつまで経ってもこの想いは消えないな・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR