スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来る

先日、友達とランチ~カラオケに行って来た。

友達は妻が亡くなった事は知ってても、
自死は知らない。
以前に自宅に来た時は、
仏壇にお参りもしてくれた。

その後、現在に至るまで
妻の死因については一切聞いて来ない。
と言うか妻の話題には触れようともしない。

おそらく僕にかける言葉が無いから、
聞かないのだろう。

それはそれでありがたい。
だからこそ彼とは現在も以前と
変わらない付き合いが出来ている。

いろいろ聞いて来る人だと、
会うのも億劫になるだろう。

二人でランチして、
カラオケで思い切り叫んで来たら、
いい意味で疲労感が味わえた。

身体動かしたり、大声を出すのは
たまには必要なのだろう。
いい気分転換になっている。

誰かと会って、食事したり遊んだり、
こういう事が出来るようになったのは、
ここ1年くらい前からだろうか。

以前は誰とも会いたくなく、
外で食事なんてとんでもなかった。
カップルを見る事が恐ろしくて出来なかった。

それがいつの間にか出来る事のひとつに入っている。

自分でも気づかない内に変化してる、
違ってきているのか。

以前のままではもたないから、
自己防衛機能がそうさせているのかな?


妻がそうするように導いてくれていると思いたい・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。