スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強くて冷静な人

職場で、部下(♀32歳)が目に涙を浮かべながら、
義弟(妹の夫)が交通事故で亡くなったから、
明日から休暇が欲しいと言って来た。

話を聞くと、
義弟はトラック運転手で、
住まいは沖縄。
亡くなったのは仙台らしい。

ついさっき、家族から連絡があったみたいで、
目を真っ赤にしている。

どうやら部下は義弟と小中学校が
同じで、今でも仲がいいらしい。

相当ショックを受けている様子。

とにかく落ち着かせようと、
今の状況、今しなきゃいけない事、
これからの段取り、必要な物、
それらを順を追って説明する。

部下は「こんな事が身近で起こるなんて
    信じられない。嘘よ、どうしてあの人が」

まあ、それはそうだろう。
誰だって自分の身内で起こるなんて予想もしていない。

部下の妹の気持ちは痛すぎるほとに分かる。
配偶者が何の準備もなく、こんなに早く突然いなくなる。
二度と会えない。

今は放心状態で、訳も分からず
手続き等に追われているだろう。
それが一段落すると、抑えようがない悲しみ、
苦しみ、喪失感が容赦なく襲って来る。

どうあっても不可避なイバラの道が待っている。


部下に今後の事を一通り説明した後、
部下に、

どうしてそんなに普通に
落ち着いて話せるのか、人一人が事故で痛ましい亡くなり方を
したのに、冷静過ぎる気がする。動揺が全くない、
驚いた様子も無い、
○○さん、強過ぎるね。
配偶者を亡くすとそんなに強くなるの?

と言われた。

部下は妻が自死した事は知らない。(亡くなった事は知ってる)


そう言われてもなぁ・・
人間なんていつどうやって死ぬか分からないし、
今は怖いものなんて無いし、護るべきものもないし、
冷静と言うよりは、無感動、無関心が正しいのだろう。

配偶者を亡くしたと言っても、
亡くし方が普通じゃないし。


交通事故死、確かに突然で、
認めるなんて出来ないだろうけど、

だけど、だけど、

普通に死因を話せる亡くなり方だから、
それが救いなんじゃない?

とは口が裂けても言えなかった・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。