異なる世界

今日は、趣味仲間の集まりに行く為に、
高速を利用。

途中のSAで、仲間の1人と合流する為、
待ち合わせのSAに到着。

時間よりかなり早く着いたので、
仲間を待つ間、
SAの中にあるスタバで休憩。

飲み物を受け取って、
席に座り、外を眺めていた。

ふと、飲み物を買う時に、
並んでいた僕の前のカップルや、
僕の後に並んでいた人が、
おちょこサイズのお試し品を
もらっている事に気付く。

席に座っている他の人も
自分が注文したものとは別に
おちょこカップをもらっている。

ああ、そうか。
僕は負のオーラが身体から滲み出てるから、
もらえなかったのかな。

単純に店員さんの忘れかもしれないけど、
明らかに僕以外はみんなもらっている。

そうか、みんな恋人、夫婦、家族で
ドライブ中の楽しそうな雰囲気だからか。
僕だけ楽しそうな雰囲気が無く、
妙に浮いてるって事か。

被害妄想かもしれないけど、
自分だけ違う世界の住人のような気がした。


外を眺めてると、手を繋いだり、
腕を組んで歩いてるカップルが目につく。

以前のように妻と手を繋いで歩きたいな。


SAやPAは妻が好きで、ドライブ中はよく立ち寄った。
高速では妻は助手席で寝ている事が多かった。

付き合い当初からそんな感じだったから、
男として見られていなくて、
僕に対する警戒心が皆無だったんだろうか。

僕は話しながらのドライブもいいけど、
ただ、横で寝ている妻をちら見しながらの
ドライブも楽しかった。何だか安心出来た。

高速走行中、寝ていた妻が起きると、
「トイレー!」「お腹減ったー!」
大体この二つのどちらか。(笑)

僕は、はいはい、と言いながら、
次のSAに寄る。

そんな想い出が頭をよぎりながら、
目の前のカップルを見てたら、
みるみる内に涙が溢れて来た。

涙が流れ落ちる前に慌てて他ごとを
考える。

未だに泣けてしまうんだ。
いつになったら、まともに
カップルを見る事が出来るんだろう。


もう一生、自分は一般社会とは
異なる世界に住み続けていくんだろう・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR