死への反応

最初に、不快で失礼な表現が
あるかもしれない事を御断りしておきます。


TVで伊豆大島の台風被害を見ていた。

家族を亡くした人が取材を受けていた。

何も悪い事していないのに、
突然の天災で命を奪われた事は
確かに可哀想だし、遺族は悔しくて悲しいと思う。

以前の僕なら、
「これはやりきれないだろうなぁ、
 何とか救う方法はなかったんだろうか」
「遺族の助けになるような何か出来る事ないかな」

こんな反応してただろう。
悪い言い方をすれば、同情が強く、
また、対岸の火事のように
どこか人ごとのよう。

被害に遭った人を憐れむ、
恵まれた人的な立場。


しかし、今は、
「ふーん、亡くなったのか、
 人はいつか死ぬんだから、
 それが早かっただけじゃないの」

「亡くなる直前まで普通に楽しく
 過ごせていただろうから、
 心が苦しむ時間がなかっただけ
 いいんじゃない?」

この反応、遺族の方が聞いたら、
殺されかねない。

でも、でも、
もう普通の反応なんて出来るわけない。

人の死を憐れむとか悼むとか、
そんな余裕なんて少しも無い。

それどころか、
「一般的に誰にでも話せる死因だから、
 まだマシじゃないの」

ますます自分の中の闇が溢れだす。


家族の前でも言えないこんな心の闇を
抱えて生きている僕は
やっぱり異常なんだろう。


いつぞやの、
「この世に未練が無い」発言の
ように口に出してしまわないか
自分でも怖くなる。


いっその事、全部口に出して、
周りからドン引きされて、
孤立する方がスッキリするんだろうか。


こんな発言、思いを
口にしても異常と思わない
理解してくれる人と
ゆっくり話してみたいな・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR