飢えている

最近、猫が妙に僕に甘えて来る。

今、6歳半くらいだけど、
歳をとる毎に甘えて来るようになった気がする。

以前から妻にはよく甘えていた。

今は僕しかいないから、
仕方なく甘えて来るのかな?

以前に比べてよく鳴く。
何を喋っているのかは分からないけど、
甘えたい時は横でじっと座って鳴く。

少し、体を触っていると、
満足したのかそのまま寝てしまう。

今、唯一の家族。
猫がいたから、自死を踏みとどまったのも
事実。

少なくとも猫を看取るまでは生きなきゃいけないかな。


また今夜も甘えて来た。


僕も妻に甘えたい。
あの温もりに包まれたい。
優しい言葉に心を預けたい。

温もりと優しさに飢えてるのかな・・・



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

全てその結果に辿りつく

今日、妻の実家近辺を通りかかった。

妻の実家へは、結婚前は本当によく通った。
土日はもちろん、平日も自宅で夕飯食べた後、
妻の実家へ行って、部屋で過ごす日々。

妻の部屋で、お茶菓子をつまみながら、
今日の仕事の事、TVの話題、休日の予定、
他愛のない会話だけど、本当に楽しかった。

妻と会える、話しが出来る、ただそれだけで
僕の心は満たされていた。
仕事の後に通うのも全く苦にならなかった。

妻の実家から帰る時、玄関で
「またねー、おやすみ」と言って
外に出て、クルマに乗り込む時、
妻の部屋を見ると、窓から妻が手を振っていた。

僕も手を振りかえす。

その日も癒されて満たされて家路についた。


でも、そんな幸せな時間があったのに、
今の現実とのこの差はいったい何なんだ。

何を思い出しても、全て自死という事実と
この虚しい日々に辿りついてしまう。

やっぱり悲しすぎるよ。


あんなにときめきを感じる事は
もう無いだろう。
ひねくれ者の僕を妻が変えてしまうほど
妻しか目に入らなかった。


それなのに、それなのに、
どうしていないんだよ・・・



にほんブログ村


にほんブログ村



プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR