青春

荷造りの最中、1枚のCDが出て来た。

これは妻と付き合い始めによく聞いていたもの。
2人が付き合う少し前にデビューしてたグループで、
僕もいいなと思ってた。

妻と付き合い始めてすぐに、彼女がこのCDを持って来て、
ドライブ中にカーステに投入。

僕「あ、アルバム出てたんだ」
妻「この間、買ったんだ。なかなかいいよ」

曲が流れ始める。
僕が一番好きな曲が最初に流れ、その後もお気に入りが続く。

妻「貸してあげようか?」
僕「いいの?買ったばっかなのに」
妻「また会った時に返してくれればいいから」

その後、毎週のように会っていたにも関わらず、
僕はCDを持っていくのを忘れ、結局、2か月以上借りていた。

妻は、いつもしょうがないなぁ、と半ば呆れ気味で、
「〇〇クンにCD取られた」と笑いながら文句を言っていた。

この話題はその後、恋愛中も結婚してからも、事ある毎に
妻に言われ続けて、2人の中ではいい想い出となっていた。


そのCDを今、一人で聞いてみる。

当時の事が鮮明によみがえる。
若い2人の数多くのやりとり。
たくさんの想い出の場所。
たくさんのイベント。
笑って、泣いて、怒って、いつも一緒だった。
妻の笑顔の為なら何だって出来た。

本当に楽しかった。
妻への恋心、あのときめき。次に会う時が待ち遠しくて、
日々、デートプランを練ってた。
ズボラな僕がなぜあそこまで、マメになれたのか、
運命と言う以外、他に無い。

まさに青春と言っていい。



約17年後、いったい誰がこの結末を予想しただろう。
妻にCD借りた時、あと12、3年で彼女が自死で亡くなるなんて、
僕も妻も思うわけがない。

今日は不安定な日みたいだ。胸の締め付けがきつく、涙腺が緩い。


もう一回、妻と一緒にこのCD聞きたかったな。
あの世で会ったら、一緒に聞いてくれるかな・・・



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR