秘めた想い

先日、妻の実姉宅にお邪魔してきた。

義姉とは妻の三回忌以来会ってなかったけど、
快く迎えてくれて、いろいろご馳走にもなり、
かなり居心地がいいと感じた。

妻がいない今はお互い本当に他人だけど、
義姉は、そんな僕を何かと気遣ってくれる。

たった一人の妹を亡くした、
義姉の方がもっとつらいに違いないのに、
「どうして妹を守ってくれなかったの?」
「何でもっとまめに相談連絡してくれなかったの?」
「そばにいながら何やってたの?」

そんな言葉を言われても仕方がない僕に、
今まで一言もそんな事は言わず、逆にお礼を言って、
僕をもてなしてくれる。

義姉宅では義兄と3人で世間話や
近況で盛り上がっていたけど、
妻の想い出話はお互いに話せない。

話したいのはやまやまだけど、
3人とも心穏やかに話す自信がない。

それほど妻の死は、3人の心の深い深いところまで
突き刺さって、抜ける様子が微塵もない。

義姉宅への往復の道中、訪問中、
ずっと秘めた想いを胸に過ごしてた。

義姉夫婦もきっと同じだったと思う。

いつになったら取り乱す事なく、
想い出が語れるんだろうね・・・




にほんブログ村


にほんブログ村










スポンサーサイト

外せない

結婚指輪。

妻が亡くなって4年以上経ち、
戸籍上も独身者なのに、
未だに外せずにいる。

もともと、アクセサリーの類は
好きではなく、今も結婚指輪以外は
何もつけていない。

しかし、指輪だけは
結婚してからずっとつけている。

いつからか、外すと何か足りない気がして、
左手薬指をしきりに触ってしまう。

でもこれを外さない限りは、
自分の未来も開けないのかなぁ。

そもそも未来って何?

妻を亡くした時点で僕も
死んだも同然。

ただただ、惰性で生きてるだけ。

いつかこれを外せる時が来るのかも
しれないけど、まだまだこのままだろう。

これをしてると妻の加護があるような
気がする。

例え思いこみでもね・・・



にほんブログ村


にほんブログ村

受け入れられない

今日、友達と映画を見に行った。

その映画はあまり女性は見ないタイトル。

映画館の中ではほとんど男性ばかりだけど、
中にはムリヤリ彼(夫)に付き合わされたのか、
本当にその映画が好きな人なのか、
カップル(夫婦)もいた。

そういう光景を見ると、
妻と外出した時の事を思い出さずには
いられない。

映画の後はどこかで何か食べる?
ここまで来たから、あそこに買い物に行きたい
あれ、面白いね
今度あそこ行ってみようよ


生前のそんなやりとりが一瞬の内に
よみがえり、必死に涙をこらえる。


映画の後、友達と甘味処に入ったら、
当然のように女性同士で食べに来ている
お客さんがいる。

妻も友達とあんな風に過ごして
いたはずなのに。

まだまだやりたい事たくさんあったはずなのに。


どうして妻だけが、どうして僕だけが

こんな現実を受け入れなければ
ならなかったんだろう。

未だにこれっぽっちも受け入れられて
いない。


やっぱり人が集まる場所に
行くのはよそう。

自分が果てしなく追い込まれていく。


妻が亡くなって4年以上が
経つのに、まだこんな状況なのは、
女々し過ぎるのかな。

僕が異常なのかな。



でも自分でもどうしようもないよ・・・


にほんブログ村


にほんブログ村





プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR