必要な人間・・・か?

妻が亡くなってからというもの、
後を追いたいという感情と
ずっと付き合って来た。

親兄弟に自分と同じ悲しみを
味わせてはいけないと
ただそれだけで生きてきた。

ふと、考える。
果たして自分は
誰かに必要とされているのか

確かに仕事ではある程度
必要とされているかもしれない。
しかし、自分がいなくなった直後は
確かに大変かもしれないが、
代わりはいくらでもいる。

両親は二人で健康に暮らしている。

兄弟は妻、子供達と毎日
忙しく楽しく暮らしている。

実際、自分がいなくても、
誰も困らないんじゃないか?

自分が必要とする人が亡くなって、
それは同時に自分を
必要とする人もいなくなった事を
意味するんじゃないか?

だが、一応、健康な体を
持ちながら、死を選択するのは、
怪我や病気と闘っている人達に
申し訳ない。

何より妻に合わせる顔が無い。

妻を亡くして、人ひとりが
いなくなるって事は
いろいろな意味で大変な事なんだと
実感している。

生きているってスゴイ事なんだって
しみじみ感じている。

現状はまだまだお呼びが
かからないようなので、
とりあえず今日を、
今を生きて行こうか・・・



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR