スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護られている

僕は昔から俗に言うクルマ好き
というかクルマバカ。

今の若い人達からは考えられない
と思うけど、自分の食べる
分を削って、タイヤや部品代を
捻出してた時代もあった。


妻が亡くなって、約9カ月の頃。
初盆を前にした8月初。

雨の山道を走行中、
トンネル出口で、スピンして、
山側の壁にぶつかってから、
クルマは反対側へ。

そっちは川が流れている。
クルマは何をやってもコントロールが
効かない。

そのまま川へまっしぐら。
「あ、妻の所へ逝くのか」
そう思って観念した。

激しい衝突音とともに、
クルマはガードレールに当たって
停止。

体はところどころ痛みはあるけど、
歩ける。
クルマはちょうど、ガードレールの
支柱に当たって止まっていた。

もし、強固な支柱部分でなかったら、
ガードレールを突き破って川に
転落していた可能性が高い。

その分、クルマへの衝撃は強く、
廃車となった。

事故から数日後、
夢に事故のシーンが出て来た。

運転席ではなく、
クルマの外から眺めてる構図だった。

クルマがガードレールに
向かっていくシーンで、
ガードレールの向こうに人影が。

両手で必死にクルマを抑えようとしている
妻の姿が確認出来た。
まさに来ちゃダメー、と
言わんばかりの表情。


そうか、まだそっちに逝くのは
早いって事か。


やっぱり僕は妻に護られている、
生かされている。

いつも傍にいてくれてる。


そう思わなきゃ、やっていけないけどね。


僕の守護霊は強力なようです・・・



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。