故人の居場所

週一で通っているお墓。

自宅には仏壇があり、
当然毎日お参りしているけど、
妻はどこにいつもいるのだろう。

一般的にはお墓だと言われているが、
ではなぜ仏壇が自宅にあるのか。

僕は双方に故人はいると考えている。

妻の遺骨をお墓に納骨する時に、
どうしても遺骨の一部を身近に
置いておきたくて、
分骨して、妻の婚約指輪と結婚指輪
(火葬時に妻にはめてあげて、
 火葬後に残ったもの)
と一緒に小型の骨壷に入れて、
仏壇に未だに置いてある。

分骨すると故人が苦しむという
人もいるけど、
苦しんでるのなら、出て来て
文句のひとつも言ってくれれば、
それはそれで嬉しいし、
その時は故人の要望に沿うつもり。

何より、自分の気持ち的にその時が
来ないみたい。

自宅にいても、お墓に行っても
妻に会えるのは僕にとっては嬉しい。

というか、いつも僕の周りにくっついて
いるんじゃないだろうか。

幾度かそんな現象と思われる事が
あったしね。

それはまたの機会にでも書こう。


さて、今日は猫の爪切りでもするかな・・・



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR