募る想い

今日、所用で出かけた時、ある和菓子屋さんの近くを
通りかかった。

そのお店には妻が好きだった水まんじゅうが
置いてある。

毎年、夏になると買っていた気がする。

たまたま妻が検査入院していた病院が近くにあり、
入院中の妻にも買っていった。

妻は僕が面会に来るのを今か今かと
待っていて、何回も「もう着く?」
「あとどれくらい?」とメールが
携帯に届いていた。

病室に着いて、水まんじゅう買って来た事を
告げると、いい笑顔で、
「ちょうど食べたいと思ってた。
 一緒に食べよ」

水まんじゅうを買って帰る途中、
そんな事を思い出していた。

あ、ダメだ。また泣けて来た。
どれだけ泣いても涙は枯れない。

その病院の近くにも未だに行けない。
当時の記憶がよみがえって、
全身が固まりそうになる。



妻が無くなって3年以上経つと、
環境も変わって来る。

特にモノは劣化が進み、
消耗品は交換、購入が必要となって来る。

日用品でも出来るだけ、妻が使っていた
物にしたいけど、生産中止や
モデルチェンジ等で手に入らない物もある。

こういう所で月日の経つのを感じる。

身につける服も、
妻がいつも買って来てくれて、
僕は着るだけだった。

服は劣化していくので、
買い替えが必要となる。

自分で服を買いに行くわけだけど、
適当に買って来てるから、
「相変わらずセンスないねー」
と妻に呆れられている事だろう。

どーせセンスありませんヨ。

だったら、出て来てアドバイスしてほしい。


自分が使うものはそーやって
変わっていく。

でも妻の物、服、靴、アクセサリー、
化粧品、ハンカチ、櫛等々は、
亡くなった当時とほとんど変わらぬ状態。

遺品整理って何?

気持ちがいつになっても、どーやっても
そんな方向に向かない。

周りから前を向いてとか言われ、
自分でも前進まないと、と思うけど、
未だに前がどっちだかさっぱり分からない。

結婚指輪もすっとはめたまま。

いつかそれを外せるほどの
機会が訪れるのかな?


ムリだろうなぁ・・・





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

夏はキライ

このブログは非常に不適切な表現が
あると思われるので、
不快と思われた方は
ご退出下さい。


もう季節は夏。

でも夏はキライだ。
もともと暑いのが苦手
(11月生まれというのもある?)
だけど、この時期は妻がちょうど
体調を崩して、苦しんでた時期だから、
毎年夏は胸が締め付けられる。

7月初めから、体の不調を訴え始め、
病院もいくつか回ったけど、診断はされず。

ある病院で、
「もしかしたら大変な病気かも」
との事で、大きな病院に紹介状を書いてもらった。

そこで検査入院したけど、数値的には
異常なし。

経過観察と言われたけど、
症状は確実に出ており、その数も増えていた。

「大きな病気かも」を調べていくと、
国の特定疾患に指定されていて、原因、
治療法とも不明。

患者数は10万人に数人の割合。

筋肉や神経の病気で、体が徐々に
動かなくなり、最終的には目しか
動かせなくなる。

しかし、脳は正常な為、動かなくなって
いく体をはっきりと認識出来る、
残酷なもの。

しかし、診断されるまでには相当な
年月を必要とし、
ようやく診断される頃には
既に寝たきりとなっている場合も。

妻の症状はその初期症状に酷似していた。

もうこれしかないじゃないか、
そう思い二人で泣いた。


「診断される頃にはもう死ぬ事も出来ない」

そういって妻は自死サイトを徘徊していたが、
なかなかこれという方法を
決めかね、そうこうするうちに夏も終わりに
来ていた。

あの夏の日々は本当に生き地獄だった。


※この疾患と闘っている
(治療出来ないから闘うというより
 付き合っているという表現が正しいかも)
本人やそのご家族には本当に申し訳ないけど、
僕達にはそれを受け入れる事は到底ムリだった。



またこの季節が来たのか・・・



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR