穏やかに

独りになったあの日から今日で、丸9年となる。

昨日、弟がふいに、明日命日だったよなと言って来た。
僕以外の人間でも、あの日は特別な日で心に深く刻まれているようだ。

弟と、当時の事についていろいろ話をした。
以前ならとてもまともに話など出来なかったと思う。
多分、弟自身もショックだったと思うし、あの日からの僕の様子を見ていれば、
その話を到底出来る状況ではなかっただろう。

弟はあの日の影響からか、前日の自分の予定とかも覚えていた。
普通、9年前の何て事の無い日の予定なんて覚えていないだろう。
それほどにあの日の出来事は一生かかっても消えない、強烈な一撃を心に刻み込んだ。

9年が経ってようやく、誰かと一緒に振り返りが出来るようになったみたいだ。
取り乱す事も無く、極めて穏やかにごく普通の会話のように。
また一歩進めたかな。

慣れって怖いというかすごいと言うか、
でも慣れていかないと生きていけないしね・・・


にほんブログ村





スポンサーサイト

独りにされて

さて、傍目にはごく普通に生活してるように見えている今日この頃。
あまり使いたくない表現だけど、立ち直ったと思われているのだろうか。
以前の自分に戻るなんてのはあり得ないんだけど。

配偶者の自死と言う、この世での試練で少なくとも5本の指に入るであろうと思う経験をして、
当初
①何もかも捨ててこの世を去ってしまいたい
②目に映るもの全てが苛立ちの対象
③妻を救えなかった自分は何の価値も無い人間だから生きていても仕方が無い
④とにかく妻に逢いたい
⑤どうして自分だけこんな目に遭う
⑥この先の希望など皆無だからどうしたら早く死ねるか
⑦もっともっと妻にしてあげるべき事があったのになぜしなかったのか
⑧もう誰とも会いたくない
⑨無責任な周囲の言葉に過剰に反応して傷つき、憤る
⑩妻以外の人など考えられない

変化
①こういう状況になるのは最初から決まっていて誰も悪くない
②生きられる内は出来るだけ健康でいたい
③好きな事だけして、今日だけを見て生きる
④妻は妻であの世で楽しく暮らしていて欲しい
⑤どうせ生きているのなら、楽しく過ごしたい
⑥周囲の言葉を受け流す(無視とも言う)
⑦もし、良縁があれば流れに任せてもいいかも

独りになってからの自分は大体こんな感じだったのかなと思う。
変化してはいるものの、希死念慮も消えていないし、落ちている時は何もかもまた捨てたくなる事もある。

それでも自分を甘やかしたり、ムチ打ったりしながら今を生きている。
こういう自己分析的な事が出来るようになったのも変化の一つかもしれないな・・・



にほんブログ村

相互必要性

人並みにお盆休み消化中の今日この頃。

かと言って特にやる事も無く、どこかに出かけるでも無く、ホントに惰性で日々を過ごしている。
どちらにしろ、この時期は出かけても人もクルマも多いから、出かけない方が正解。
世間一般ではそうもいかなくて、家族や恋人と出かけなければいけない人も多いのだろう。
ホントにお疲れ様です。

お疲れ様だけど、それは否が応でも充実した日々になっているのだろう。
ヘンな事を考えたりする時間も無く、目の前の人達と想い出を作る事に集中していればいい。

毎回、こういう休みには何となくもやもやした思いに悩まされて来たけど、
ある程度は慣れて来たと思ってた。
しかし、なぜだか今年はそのもやもやが異様に巨大化してる気がする。

何だろう、何をするにもやる気が出ないに加え、いても立ってもいられない焦燥感のようなものも感じる。
焦燥感、不安感、抑うつ感のコンボにまた押し潰されそうになっている。

今の自分は、いてもいなくても同じだと言う思いがまた強くなっている。
僕が死んだら、確かに親兄弟は悲しむのかもしれない。
でもいなくても特段何かに困るとかは無いんじゃないか。

僕が必要とする人もいなくて、僕を必要とする人もいない。
この状態って、やはり人として存在意義を感じられないものすごいストレスなのだろう。
このストレスが自分を追い込み、心身ともに様々な障害を引き起こしていくのかもしれない。
罪悪感や後悔と言ったものは、最近ではなりを潜めているから、
誰からも必要とされない、自分が必要とする人もいない、相互必要性の全く無い生活が、
ますます自分を追いこんでいき、消えたくなる衝動が強くなっていく。
ここ1週間くらいがホントにマジメに苦しくてちょっとヤバイかもしれない。

こういうのって、再婚でもすれば解決するのかな?
そんな簡単なものでも無いか・・・


にほんブログ村




悲しいけど、めでたい

先日、高速道路でわき見運転のトラックが、渋滞最後尾の軽自動車に追突。
クルマ数台を巻き込む事故があった。

その事故で軽自動車に乗っていた、90歳と88歳の老夫婦が亡くなった。
これを聞いて可哀想と言う感情が湧いて来ない。
それより、そんなにも長く連れ添って、しかも最期は一緒に逝けたなんて、
羨ましい限りとしか思えない。

あると思ってた2人の未来を突然抹消され、未だに希死念慮が消えない僕にとっては
今回の報道は不運な事故では無く、むしろ幸運なのではないかと思ってしまう。

一般にはとんでも無く不謹慎だと罵られそうだけど、
実際、そういう感情しか無い。

こういうニュースを誰かと見てる時は、迂闊にコメントなど出来ない。
つい、前述の思いを口にしてしまいそうになるのが怖い。
もし、口にしたとしたら何て冷たい、恐ろしい人なんだろうと思われるんだろう。

好きでこんな感情を持った訳じゃない。
妻を失ったあの日から、冷たい、恐ろしい日々を送って来た結果なのかもしれない。
この感情は一生消えないんだろう。

悲しいけど、めでたい。
捻じ曲がって閉ざされた心にはそんな思いしか感じなかった今回の事故。

妻の自死に対して、これで良かったのかもしれないとムリヤリ自分に
言い聞かせて来た弊害かな・・・


にほんブログ村





埋まらない溝

夕方のニュースで、栃木県で起きた雪崩事故を報道していた。
あれから一ケ月経ったと言う事で、遺族や関係者が慰霊を行う様子を取材。

アナウンサーが、
「事故から一ケ月経とうとしていますが、未だ遺族の悲しみは消えません」

一ケ月で悲しみが消えたら苦労は無い。
悲しみ自体は一生消える事も癒える事も無い。
一ケ月だったら、むしろこれから悲しみが大きくなっていくのだと思う。

こういった突発的に近しい人を亡くした気持ちはやはり当事者でないと分かるはずも無い。
当事者とそうでない人の溝は埋まる事が無いので、当事者の気持ちに寄り添う事も難しい。

「分かってないなぁ、そうじゃないんだよ」
以前は、前述のアナウンサーの言葉にいちいち反応してたけど、
毎回それではこちらの身がもたない。

いつからか、こればっかりは仕方が無い事で、理解出来ない方を責める事は出来ないのだと
思うようになった。

自分の心情を理解してもらおうとする事に疲れ果て、
理解されなくて当たり前だと思えば、気持ちが楽になって行った気がする。

分かる人には分かる、それでいいんだ。

そう思う事がこの世で生きる術のひとつなのかもしれないな・・・


にほんブログ村


プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR